人生が「超生きづらくなる」マズい習慣の正体

「サボる」ことに罪悪感を抱かなくても大丈夫!

人生では人によって、やるべきことをやるタイミングが違います。必ずしもそのタイミングが周りと一緒じゃないだけで、休むべきときに休んでおかないと、いざ自分の番が来たときに、役割を果たせません。

自分が休んでいるときに働いている人は、「自分とは休日が違う仕事をしている人」
くらいに考えればいいと思います。自分が休んでいる日も働いている人がいると、申し訳なく思うけれど、その人達は自分が働いている日が休日で、その日は今の自分と同じように、ちゃんと休んでいます。

人生のリレーを、交代で走っているようなものです。バトンを受け取るまでは、ベストな状態で待機しておきましょう。そうすれば、いざ自分の番が来たときに、全力で走ることができると思います。

「休む予定」も入れちゃえば?

こんな生活をしていたので、身体を壊すことも多く、体調不良で仕事に支障が出るなら、「休めないのは、仕事ができていないのと同じなのではないか?」と考えるようになりました。

『続 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。孤独も悪くない編』(サンクチュアリ出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

それから、休むことに慣れるまで、「休む予定」を入れるようにしました。

休憩も仕事の予定の1つ。人間って続ければ慣れていくので、今は予定を組まなくても、適度にオンオフを切り替えて休めています。

なので、休むのが苦手な方は、休憩もスケジュールの1つに加えてみてください。筋トレで、筋肉を休ませる日もトレーニングに必要な大事な時間であるのと同じです。仕事にも休むことは必要です。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT