緊急事態宣言延長でも日経平均3万円の可能性 海外投資家は日本株のどこに注目しているのか

印刷
A
A

日本製のEVが世界中の道路を走るようになるには、時間がかかるかもしれない。ただ、世界中を走るEVの目に見えないところ、言わば、縁の下の力持ちとして日本企業の活躍は大いに期待できるだろう。

まずは、EVの心臓部とも言えるモーターで日本電産(6594)。モーターとモーターを制御するインバーター、そしてギアを一体化させた駆動システム「eアクスル」は、すでに20社以上で採用が進んでおり、EVの駆動システムとして世界標準となる可能性も大きい。

そして、バッテリーのパナソニック(6752)は、アメリカテスラ向けの数量が順調に増加しているが、さらに高容量電池の開発を進め、トヨタ自動車(7203)と合弁を設立するなど国内のハイブリッド車向けも強化して電池事業の拡大を目指す。

電装化の進展で自動車向け出荷が増加

また、村田製作所(6981)やTDK(6762)は、電装化の進展で自動車向けの出荷が増加している積層セラミックコンデンサが、自動車の電動化が進むことで需要拡大が加速することになりそうだ。

さらにシリコンカーバイドという新材料での量産体制が整いつつあるローム(6963)は、自動車向けパワー半導体が期待できそうだ。センサーの有力企業である日本セラミック(6929)は、電流センサーの需要拡大に注目しておきたい。非常に裾野が広い日本の自動車産業だが、これからのEV時代で大きな新陳代謝が起こりそうだ。しかし、多くの企業が世界の舞台で新たな活躍の場を見いだすことは間違いないだろう。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT