韓国‟感染”ホラー「Sweet Home」が必見なワケ

「愛の不時着」でお馴染みスタジオドラゴン製作

ソン・ガンだけが、ファン集めを一手に引き受けているわけではありません。ドラマ『ホテルデルーナ ~月明かりの恋人~』で注目を集めた若手俳優イ・ドヒョンの起用もあります。アパートの住人を引っ張る冷徹なリーダー、イ・ウンヒョク役を好演しています。

ドラマ『ホテルデルーナ ~月明かりの恋人~』で注目を集めたイ・ドヒョンも重要人物のひとりを演じる(写真:Netflix)

ソン・ガンとイ・ドヒョンのこの2人は、インスタグラム上で話題になった世界のエンターテイメント作品ランキングの最新結果にも貢献しているのです。アメリカ・テレビ業界誌大手のWorldScreenがスイスのテレビ調査会社The WITの協力により、ソーシャルメディアで話題を集めた番組を毎月報告している「Social Wit List - December 2020」において、『Sweet Home』が世界8位に食い込みました。世界の新作を対象に、欧米の話題作が並ぶなか、なかなかの健闘ぶり。

ソン・ガンの430万人フォロワー数(インスタグラム、2020年12月集計)とイ・ドヒョンの230万人フォロワー数(同)が牽引力となっていることも報告されています。

見る人を飽きさせない「配役の妙」

ロマンス系でキラリと光っていた新人女優たちの役の振り方も絶妙です。コ・ミンシ(『恋するアプリ』)はイ・ドヒョンの妹設定で危なげな雰囲気を持つ美少女イ・ウンユ役、パク・ギュヨン(『サイコだけど大丈夫』)は女子ウケするガールクラッシュなユン・ジス役で新境地を拓いています。

(写真左)主演のソン・ガンとは『恋するアプリ』でも共演した注目新人女優のコ・ミンシ(写真:本人公式インスタグラムより)(写真右)ロマンス系の韓流ヒットドラマ『サイコだけど大丈夫』でも演技が光っていたパク・ギュヨン(写真:本人公式インスタグラムより)

俳優ばかりでなく、日本でもリメイクされたドラマ『ボイス ~112の奇跡~』で迫力のある演技が印象的だった個性派俳優のイ・ジヌクは、顔にやけどの跡があるヤクザ風のピョン・サンウクを演じています。プライベートでは女優チェ・ジウの元恋人というゴシップもあり、知る人ぞ知る俳優です。

次から次へとキャラが立つ演技の上手な役者陣が子役に至るまで登場し、サバイバルするアパート内で人間関係が構築される過程も飽きさせません。

そして、モンスターパンデミックの謎も少しずつ解き明かされていくのですが、そのカギを握る人物としてソ・イギョンに扮するアクション女優のイ・シヨンの活躍も目立ちます。モンスターとの対峙シーンはSFホラーの金字塔『エイリアン』のリプリー(シガニー・ウィーバー)と一瞬見間違えるほど。精神的にも体力的にも強い女性キャラクターは男女共に人気を得る欠かせない役柄です。そんな重要な役どころに、幅広い年齢層から支持を集めやすいアラフォーのイ・シヨンを据えるところも配役の妙なのです。

次ページ原作はNAVERウェブトゥーン
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT