全米ライフル協会、破産法11条の適用を申請

本拠置くニューヨーク州で逆風

全米ライフル協会(NRA)は15日、米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請した。本拠を置くニューヨーク州ではジェームズ司法長官がNRA解散を求めて提訴するなど逆風に見舞われており、テキサス州での再出発を目指す。

NRAはウェブサイトに掲載した発表資料で、ニューヨーク州の政治・規制環境は「腐敗している」と主張。組織再編を含む会社更生手続きの適用申請によって、そこから「脱出」できるとの見方を示した。資産と負債はそれぞれ最大5億ドル(約520億円)としている。

原題:National Rifle Association Files Bankruptcy to ‘Exit’ N.Y. (1)、National Rifle Association Files Bankruptcy Citing N.Y. Politics(抜粋)

著者:Jeremy Hill、David Voreacos900

(画像:iStock/artas)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT