全米ライフル協会、破産法11条の適用を申請

本拠置くニューヨーク州で逆風

全米ライフル協会(NRA)は15日、米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請した。本拠を置くニューヨーク州ではジェームズ司法長官がNRA解散を求めて提訴するなど逆風に見舞われており、テキサス州での再出発を目指す。

NRAはウェブサイトに掲載した発表資料で、ニューヨーク州の政治・規制環境は「腐敗している」と主張。組織再編を含む会社更生手続きの適用申請によって、そこから「脱出」できるとの見方を示した。資産と負債はそれぞれ最大5億ドル(約520億円)としている。

原題:National Rifle Association Files Bankruptcy to ‘Exit’ N.Y. (1)、National Rifle Association Files Bankruptcy Citing N.Y. Politics(抜粋)

著者:Jeremy Hill、David Voreacos900

(画像:iStock/artas)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT