スペインでついに始まった「ホテル売却」の嵐

世界第2位の観光大国で起きている深刻な事態

新型コロナウイルスの感染拡大がスペインのホテル業界に影響を及ぼしているという(写真:Manel Subirats/iStock、スペイン・バルセロナ)

新型コロナウイルスの感染拡大がスペインのホテル業界に深刻な影響を及ぼしている。何しろ2020年の外国人観光客数は前年から6100万人も減少。ワクチン接種が始まった国があるとはいえ、当面観光業が回復する見通しはたたず、多くのホテルが資金繰りに苦慮している。政府からの支援もほぼないに等しい中、身売りを決めたホテルも出てきた。

これに目を光らせているのが、外国人投資家である。スペインといえば、フランスに次ぐ外国人観光客数を誇る観光大国だけに、このタイミングでホテルを手に入れようと考えているわけだ。

客室数50以下のホテルで売却希望が多い

2020年11月20日付の観光業界紙『ホテルトゥル』によると、スペインでは約550軒のホテルが売りに出されている。『エル・コンフィデンシアル』(2020年12月24日付)は、ホテルの売買を専門にしているブローカー「スターズフォー(Starsfour)」が1550軒のオファーを受けていると報じた。

中でも客室数が50以下のホテルの経営状況が厳しく、500軒以上が売却を規模しているが、買収の動きがあるのは最低でも部屋数が80〜100室あるホテルだという。

昨年3月、新型コロナによるロックダウンが始まった頃は、身売りを考えるホテルはまだ少なかった。2019年まで毎年利用客が増えていたことで資金的に潤っていたこともあり、当面は持ちこたえられると考えていた。7月は難しいとしても、8月頃からいくぶんか観光客が戻ってくると期待していたからだ。

ところが、8月に入っても感染の度合いは収まるどころか、逆に第2波が押し寄せてホテルを開けているよりも閉店しておいたほうが出費は少なくなるという状態に。昨年12月の時点でもスペイン国内に1万8300軒あるホテルうち、7600軒は休業状態にあった。

次ページ最も多くのホテルが売りに出ている場所は?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT