「傷つきやすい子」の親がやりがちな4つの言動

繊細な子は自分が気を遣われているのが負担

① 「どうしてできないの」「早くやりなさい」

子どもが失敗したことやうまくできないことに対しては、深掘りしないという態度が重要です。まずは大らかで繊細な部分を、理解してあげましょう。そして人から心配されるのが苦手なので、こういった場面では基本的にはそっとしてあげましょう。人の気持ちを察するタイプで、自分が気遣われていること自体を気にする繊細な一面があります。

また、繊細な子はのんびり屋さんが多いので、なかなか失敗から立ち直れないとき「早くやりなさい」と子どものペースを乱したりする急かすような言葉がけも避けましょう。当然ながら強く叱りつけるのはNGです。

失敗をしてしまったときの言葉がけとしては、「次はどうしようか?」「次はどうやっていこうか」と次に向けた対策を考えてもらうといいでしょう。悪いことではなく、これからの前向きなことに目を向けてもらうことが必要です。

人から期待されるのは苦手

② 「みんなが期待しているよ」

例えば、発表会や試験など重要な場面のときには「しっかりやってこい」「みんなが期待しているぞ」という言葉がけは避けましょう。人から期待されていると思わせてしまうと、重く受け止めてしまいプレッシャーを感じてしまいます。自信家な子には効果的なときもありますが、繊細な子にはみんなの期待を背負わせない方がいいのです。

効果的な言葉がけとしては、「落ち着いて、いつも通りやろう」「普段通り、がんばっていこう」などです。しっかりいつも通りやれば大丈夫ということを伝えてあげてください。緊張やプレッシャーがあっても、表にわかりやすく出るタイプではないので、親や指導者は気づきにくいでしょう。

ただし自己コントロールはできるので、具体的なアドバイスよりも上記のようなシンプルな言葉がけをして、本来の力を出せるようにサポートしてあげましょう。

③ 「どんどんやってみよう」「この調子でもっといこう」

物事を積極的にやってほしいときに、無理に背中を押す言葉をかけても通じません。逆に言われることに疲れてしまって、ふてくされてしまう場合もあります。興味関心のないことはやろうとしないので、無理に後押しする必要はありません。

例えば何かができていることが1つでもあったのなら、「できるようになって自分も嬉しいよ」と共感してあげると、子どもは嬉しくなり前向きな気持ちになるでしょう。

次ページ放っておくとやる気が出ない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT