最近、「佐川女子」を街でよく見掛けるワケ

「佐川男子」は古い!? 青ストライプ女子が急増中

第1回の「わくわくアワード」で優秀賞を受賞した、潮来営業所のスタッフたち

青いストライプの制服を着た「佐川女子」を街で見掛けることが、最近多くなった。これは佐川急便の親会社、SGホールディングス(HD)が3年前に立ち上げた女性活用プロジェクトの成果といえる。

運送業界は今、人手不足を背景に女性活用が叫ばれている。しかし、男性中心の業界体質ゆえの難しさもあって、事務職以外の女性活用が進みにくいのが実情だ。その中で同社は、女性ならではの感性こそが従来にはない付加価値の高いサービスを生む原動力になるとして、“SAGAWA女子力”に磨きをかけている。

会長の肝いりプロジェクト

SGグループの女性従業員は、2008年度末には1万2072人だったが、2013年度末は1万8316人まで増えた。女性活用の推進役となっているのが、SGHDのグループ横断プロジェクト「わくわくウィメンズプロジェクト」(WWP)だ。

これは栗和田榮一会長の肝いりで、2011年5月に準備委員会が発足、同年10月から本格スタートを切ったもの。SGグループにとって、少子高齢化に伴う労働力減少への対応や、急激な時代の変化に即した新サービス開発が喫緊の課題であるとして、女性活用策をグループ経営の重要施策として位置づけてきた。

WWPでは、①女性の雇用拡大と定着率向上、②ワークライフバランスの推進、③女性の育児・登用・配置、④企業文化の変革と意識改革、⑤女性のビジネスにおける貢献度向上、という5つの方針を掲げ、各種施策に取り組んできた。具体的には、女性従業員の定着率向上を目指した婦人科検診(子宮頸がん、乳がんなど)の費用補助制度導入、女性事務制服を廃した私服勤務の推奨のほか、ワークライフバランスの労働環境整備や啓発活動を実施している。

次ページ女性活用に向けた取り組みは他にも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT