海外生まれの彼女が日本舞踊「名取」になれた訳

クラウドファンディングで名取になる資金捻出

日本の伝統芸能というと教えられたことを正確に踏襲しなければならないイメージがあるが、必ずしもそうではないという。「もちろん決まりごとはありますが、先生からは『教科書通りに踊ったのではつまらない。ハナちゃんらしさを出しなさい』とアドバイスされます」。

元駐日ポーランド大使のヤドヴィガ・ロドヴィッチ氏演出の舞台「DZIADY 祖霊祭」にも出演した(写真: Maciej Zakrzewski)

ところで、地唄舞という言葉は知っていても、どういう特徴があるのか知らない日本人も多いのではないだろうか。ハナさんに簡潔に解説してもらうと、一般的な日本舞踊というのは男目線で創作された女性像を表現しているが、地唄舞はリアルに女性を表現している。それだけにより共感できるものがあるという。

「たとえば『閨の扇(ねやのおうぎ)』という演目があります。捨てられた女性の話なのですが、私自身もボーイフレンドにふられて傷ついた経験があります。地唄舞はそういう自分の実体験と重ね合わせることができるのです」

クラウドファンディングで名取費用を捻出

2020年、長年の修業の甲斐あってハナさんは花崎流の名取となることを許され、花崎杜季女さんが主宰する会でお披露目の舞を披露することになった。しかしここでハナさんの頭を悩ませたのが費用の問題だ。

一般的に日本の伝統芸能はお金がかかる。花崎流は比較的低めの費用で名取になることができるというが、それでもハナさんにとっては安くはない。ポーランドでパフォーマーとして舞台に立っていたハナさんだが、新型コロナウイルスの影響で劇場が閉鎖され、収入も激減していた。

お金のために夢をあきらめたくない――。費用を捻出するために考え出したのがクラウドファンディングを利用することだ。フェイスブックなどを通じて友人・知人にも呼びかけたところ、目標額以上の支援が集まり、無事、名取となり「花崎貞」としてお披露目の舞台を踏むことができた。

お披露目の舞台を踏むにあたっても新たな発見があった。

次ページ本番前日の舞台稽古で見たもの
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT