ドトール、スイーツ系ドリンクで新展開

「リーズナブル、ファッショナブル、ヘルシー」で勝負

コーヒーのみにこだわってきたわけではない。ドトールでは女性を意識したデザート風のドリンクも提供してきた。たとえば2008年6月には「フローズン・ショコラ バナナ」、2009年7月にも「フローズン・カフェラテ」など、スイーツ感覚のドリンクが発売されている。

「アセロラ・クランベリー ヨーグルト」と「ブルーベリー ヨーグルト」)

ではドトールのスイーツ感覚ドリンクの特徴は何なのか。

それは、「リーズナブル、ファッショナブル、ヘルシーの3つをキーワードとした」(商品統括本部担当者)、女性の感覚に訴えるメニューづくりと、独自のPR戦略だ。

この6月に発売したヨーグルトドリンクはその代表。同じヨーグルトを使用したドリンクは、2013年2月末からすでに発売されていたのだが、今回はトクホのヨーグルトを使用していることをアピール。「ヘルシー」のイメージをより強く訴えた。さらに森永乳業と共同販促協定を結び、PR体制も強化されている。

さらに、このヨーグルトをアセロラやブルーベリーなど、美容や健康によいイメージが定着したフルーツと組み合わせた。アセロラは「抗酸化ビタミン」の一つであるビタミンC含有率が果物のなかでもトップクラスであることから、免疫力や肌への効果が知られている。また、クランベリーやブルーベリーも同様に抗酸化作用があるほか、ブルーベリーは「目によい果物」としてサプリメントなどに活用されている。いずれも果物の爽やかな酸味がヨーグルトドリンクとよく合い、蒸し暑い季節にもさっぱりと飲める。

ジャスミンティーのゼリーにこだわり

また、エクセシオールから発売されたヨーグルトドリンクは、通年変わらぬ人気を誇るマンゴーを使用したもの。フローズンマンゴーとヨーグルトを組み合わせたドリンクは2013年7月にも発売されているが、今回はさらに、ジャスミンティーのゼリーを加えた。それぞれの味を単独で味わったり、混ぜて食べながらハーモニーを楽しんだりと、1つのドリンクでいろいろな食感と味を楽しめるのがポイントだ。

開発者のこだわりが、「ジャスミンティーのゼリーを使用したこと」(商品開発氏)。自ら足で市場調査し、ジャスミンフレーバー人気、オリエンタル志向の高まりを感じたことから、今回の商品に採用した。

確かに、マンゴーとジャスミンティーは意外だが相性のよい組み合わせに仕上がっている。ジャスミンの香りが、まるでリゾートでスイーツを楽しんでいるかのような非日常感を醸し出している。

次ページ「白ドトール」へと改装
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。