役員大刷新でも晴れない富士通社長交代の真相

印刷
A
A


 野副氏の代理人である畑敬弁護士は「会社側に時間を与えたが、誠意のある対応を行う姿勢がないことを見届けたので、法的措置を検討する」と説明。野副氏自身も「自分個人のために行動に出たわけではない。問題を明らかにすることが社会のためになると思っている」と語る。

東京証券取引所の斉藤惇社長は3月23日、「まだ説明が足りないという声を聞いている。きちんと事情説明するべきだと思うし、そうすることを期待している」と富士通に一層の情報開示を促している。が、現経営陣はそうした声に耳を貸すことはなかった。

4月からは山本正已社長以下の新経営陣が発足する。外部圧力が高まる中、社長経験者の経営への関与を一掃し、企業統治の透明性を高めることができるだろうか。

>>>関連記事:富士通の大混迷、「社長解任」全構図 - 10/03/17


■富士通の業績予想、会社概要はこちら

(山田俊浩 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2010年4月3日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT