「ラブコメ」ドラマで圧勝するTBSの大胆な妙手

「恋つづ」「わたナギ」といったヒットを連発

TBSの「私の家政婦ナギサさん」は大きな話題を集めた(東洋経済オンライン編集部撮影)
時代のトレンドとは別に、近年一定のニーズを掴み、若い視聴者層を中心に支持されているのが「ラブコメディ(ラブコメ)」だ。2020年もTBS「恋はつづくよどこまでも」「私の家政夫ナギサさん」などが話題を集めた。なぜ今、ラブコメなのか。本誌連載でもおなじみの木村隆志氏に分析してもらった。

ラブコメはもともと人気のジャンル

まず「ラブコメ」というジャンルに触れておきたい。Love Comedy=ラブコメは半世紀ほど前からドラマと漫画の世界で人気のジャンルであり、長年にわたって定番であり続けている。

『GALAC』2021年2月号の特集は「やっぱり、ドラマは面白い」。本記事は同特集からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

なかでもドラマでラブコメのニーズが急増したのは、平成に突入する前後のバブル期あたり。バブルがはじけたあともその勢いは衰えず、学園ドラマ、青春群像劇、ホームドラマ、長編ミステリーなどの他ジャンルが激減していくなか、トップクラスのニーズを保っている。

時代や世相の浮き沈みに左右されず、気軽に見られることが最大の強みなのかもしれない。

「コメディ」と言うからには笑いを散りばめたラブストーリーであるはずだが、その解釈は広く、実質的には「シリアス一辺倒にならなければOK」。例えば、笑いを誘うようなシーンがほとんどなくても、明るい世界観の作品ならラブコメというジャンルに含まれる。

実際、昨秋の作品を振り返っても、「この恋あたためますか」(TBSテレビ)、「#リモラブ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ)、「ルパンの娘」(フジテレビ)、「姉ちゃんの恋人」(関西テレビ)、「共演NG」(テレビ東京)と、その内容を思い出せば幅の広さがわかるのではないか。これら以外にも、学校、スポーツ、SF、お色気などのさまざまなものを絡められる汎用性の高さが作り手の創作意欲を高め、視聴者を楽しませてきた。

さらに特筆すべきは、その幅が今なお広がり続けていること。昨冬に放送された「恋はつづくよどこまでも」(TBS)のヒットが幅の広がりを象徴している。

次ページ放送前はヒットすると思っていなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT