「YOASOBI」が年間音楽チャートを制した理由

コロナ禍でTikTok発と新人のヒット曲が続出

1位を獲得したYOASOBIはコンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる「小説を音楽にするユニット」だ(ソニー・ミュージックエンタテインメント提供)

米津玄師の2連覇から一転、年間音楽チャートの1位となったのはYOASOBIの「夜に駆ける」だった。

ビルボードジャパン(運営会社:阪神コンテンツリンク)が発表する年間ヒットチャート「Billboard Japan Hot 100」(集計期間2019年11月25日~2020年11月22日)は、新人アーティストが制す結果となった。YOASOBIは「小説を音楽にする」コンセプトを持つユニットで、結成1年目。しかもデビュー曲での年間トップ獲得となり、異例の快挙だった。

ビルボードは複数の指標を基に算出される複合チャート。CD販売に加え、ダウンロード数やストリーミング再生回数、ラジオのオンエア回数、ルックアップ数(パソコンによるCD音源の取り込み)、ツイッターのツイート数(アーティスト名と曲名)、YouTubeとGYAO!のミュージックビデオ視聴回数、カラオケ歌唱回数などが指標に含まれている。CDやダウンロード購入による「所有」だけでなく、どれだけ多くの人が楽曲を聴き、視聴し、話題にし、歌ったのかという「接触」「利用」も測定し、ヒット曲を浮かび上がらせるのが特徴だ。

TikTokで人気に火が付いた

「夜に駆ける」はCDで販売されていないが、ストリーミングと動画再生で1位を獲得し、ダウンロードとカラオケでも7位と上位だった。リリースは2019年12月で、100位内にチャートインしたのは3月。YouTubeで着実に視聴されていたが、人気に火が付いたきっかけはショートムービーアプリ「TikTok」だ。さまざまな動画で使用され、認知度は一気に高まった。

YOASOBI「夜に駆ける」の動画は1.2億回超の再生を誇る。シングル盤をリリースしていない楽曲が1位となったのは年間チャート発表開始以来、初めてのことだった(Ayase / YOASOBIのYouTube公式チャンネル)

楽曲の魅力が前提にあることは言うまでもないが、SNSで積極的に情報を発信し、アーティストが一発撮りで届けるYouTubeのコンテンツ「THE HOME TAKE」でも驚異的な再生回数となるなど、ネットを活用したことも注目され続ける要因になった。

2020年の累計ポイントにおいて、上半期のトップを獲得したOfficial髭男dismの「Pretender」を逆転したのは10月のことだったという。YOASOBIは「ハルジオン」(34位)、「たぶん」(89位)、「群青」(91位)も100位圏内にランクイン。新人アーティストとしてこれ以上ない結果を残した。

次ページ「おうち時間」でTikTokに投稿するユーザーが増えた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT