米FRB、長期の量的金融緩和維持を決定

経済回復の著しい進展あるまで国債購入を継続

米連邦準備理事会(FRB)は15─16日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置くと決定した。ワシントンのFRB本部で2018年8月撮影(2020年 ロイター/Chris Wattie)

[ワシントン 16日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は15─16日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置くと全会一致で決定した。新型コロナウイルスワクチンの展開を背景に政策当局者の来年の見通しは改善したが、景気後退に対応するために将来にわたって金融市場に対する流動性供給を維持すると確約した。

また、景気回復が完了するまでゼロ近辺の主要政策金利を維持すると改めて表明した。

月額1200億ドル規模の国債購入プログラムについては「最大雇用と物価安定の目標達成に向けてさらに著しい進展が見られるまで」継続するとした。従来は「今後数カ月間」にわたり買い入れを行うとしていた。ただ、終了時期に関して明確なガイダンスは示されなかった。

来年の経済成長率見通し中央値を4%から4.2%に引き上げた一方、年末の失業率予想は5.5%から5.0%に引き下げた。

オックスフォード・エコノミクスの米国担当チーフ金融エコノミスト、キャシー・ボストジャンシク氏は「購入資産の年限長期化を予想していたが、そうならなかった」と指摘。「ただ、今回の量的緩和(QE)に関するフォワードガイダンスは、2つの責務(デュアルマンデート)に向けて著しい進展があると判断されるまで買い入れ規模を維持するという点でかなり強力なものとなった。ある程度明確になり、好ましい」と述べた。

声明発表前に小幅に上昇していた米国株は上げ幅を縮小。米債利回りはやや上昇し、ドルは主要通貨に対して買われた。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT