ペット連れに「キャンピングカー」が最高な理由

ペット連れ旅の前にすべき「4つの備え」も紹介

キャンピングカーの前でリラックスするペットたち(写真:野末朱根撮影)

今やペットは家族の一員。「コンパニオンアニマル」「伴侶動物」などとも呼ばれるようになった。それほど大事なペットではあるが、困ることもある。旅行がしづらいのだ。

連れていくか。留守番させるか。どちらにしても様々なハードルがあるが、キャンピングカーならそれがすべて解決してしまう。

「動く我が家」でペットを同伴

 私事で恐縮だが、我が家のキャンピングカーとの出合いもペットがきっかけだった。20年前、わけあって猫4匹、犬1匹の大所帯になってしまい、旅行など気軽にできなくなってしまったのだ。

「ペットと泊まれる宿」も探したが、我々が出かけたい先にはほとんどなかった。そもそもそういう宿はほとんどが犬向けで、猫やその他の小動物を受け入れてくれるところはさらに少ない。

「ペットホテルに預ける」「ペットシッターに来てもらう」も検討した。事実、ペットシッターは数回利用したが、料金は1頭いくら、なので、これだけの多頭飼育ともなると結構な額になる。ペット側にもそれなりにストレスだろうし、我々も留守宅が気になって「早く帰ろうよ」になってしまう。

この連載の記事一覧はこちら

この問題を一気に解決してくれたのが、キャンピングカーだった。キャンピングカーとは、いわば「動く我が家」である。もちろん受け入れ先の制約はあるが、ペットと一緒にどこへ旅しようと自由だ。

同じように考える人は世の中多いようで、キャンピングカーショーの会場ではペット連れの来場者が実に多い。逆に「キャンピングカーを買ったので、犬を飼うことにしました」なんていうパターンもある。

一般社団法人日本RV協会の調査(キャンピングカー白書2020)によれば、ペットを飼っているキャンピングカーオーナーの75%が「毎回、旅にはペットを同行する」と回答している。ペット連れ旅の課題だった「移動手段」と「宿泊場所」が一気に解決してしまうキャンピングカーは、ペットとの相性が抜群なのだ。

次ページ「ペット連れ仕様」のキャンピングカーも
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT