「意地でも勝ちたい」天才球児が仕掛けた頭脳戦

漫画「ハーラーダービー」(第3話)

実験を行う試合の初回。米留斗と亜流人の2人は主審の判定をブレさせようと試みるがーー。

球界屈指の実力を持ちながら、なぜか勝ち星に恵まれないプロ野球投手・周米留斗(しゅう・べると)。

『ハーラーダービー(1)』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

彼は、相棒の猛津亜流人(もうつ・あると)と「相手を抑えすぎるから味方も打たないのでは?」という仮説を立てる。

そして「わざと打たせて、ゲームを動かしてみる」という背信行為でもある実験を行うことになったのだった――。

すべては己の”勝ち星”のため……禁断のバッテリーを描くプロ野球劇空間物語。

ハーラーダービー』(小学館)より抜粋してご紹介します。

この記事の漫画を読む(25ページ)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT