「危険な女神」歌手KATSUMIが見たバブルの裏

人気絶頂のときを経て、選びとった道

バブル経済真っただ中の1990年に、レコード会社・パイオニアLDCの“J-POP第1号歌手”としてデビューしたKATSUMIさん。当時はアイドル扱いにギャップを感じることも(写真提供:週刊女性PRIME)

バブルの象徴と言われるのは嫌ではないし、どうぞどうぞって感じです(笑)。ただ、自分ではそういうふうには思っていなかったですね

バブル経済真っただ中の1990年に、レコード会社・パイオニアLDCの“J-POP第1号歌手”として華々しくデビューしたKATSUMI。キャッチーな楽曲で数多くのCMソングに起用され、大ブレイクを果たした。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「当時の事務所が六本木にあったのですが、事務所の駐車場代だけで自分が住んでいたアパートの家賃ぐらいするのを知って驚いた記憶があります。僕自身は給料制だったこともあり、バブルとはほど遠い生活を送っていましたね」

ソバージュヘアに俳優顔負けのイケメンという見た目から都会的なイメージがあるが、実は茨城県出身。東京へ来たばかりのころはなかなかなまりが抜けず、苦労したという。

音楽の専門学校に通うために上京したのですが、なまっているのが恥ずかしくて、最初のころはあまり話せなかったですね。当時はDCブランドブームだったし、田舎者だと思われたくなかったので、バイト代はバンド活動と洋服代に消えていました

似た曲ばかり求められるように

専門学校卒業後もバンド活動を続けていたところ、24歳のときにチャンスが訪れる。

「22歳のときにやっていたアマチュアバンドのデモテープが音楽関係者の目にとまり、事務所に所属することができたんですが、なかなかデビューができなくて。給料はもらえていたけど、いつデビューできるかわからない状態だったので、辞めようと思い事務所の社長に電話をしたんです。そしたら“さっきレコード会社が決まったよ”と。ドラマみたいなできすぎた話ですけど、実話です」

1990年4月にメジャーデビュー。そして2枚目のシングル『危険な女神』が、カメリアダイヤモンドのCMソングに起用されたことで、一気に注目を集めることに。

「いざデビューしてみると、レコード会社からの期待なども強く、プレッシャーのほうが大きくなっていって……。そこからは事務所が用意したみこしに乗せられて、どんどん進んでいった感じでしたね」

次ページリリースするたびにCMのタイアップが
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT