「危険な女神」歌手KATSUMIが見たバブルの裏

人気絶頂のときを経て、選びとった道

バブル経済真っただ中の1990年に、レコード会社・パイオニアLDCの“J-POP第1号歌手”としてデビューしたKATSUMIさん。当時はアイドル扱いにギャップを感じることも(写真提供:週刊女性PRIME)

バブルの象徴と言われるのは嫌ではないし、どうぞどうぞって感じです(笑)。ただ、自分ではそういうふうには思っていなかったですね

バブル経済真っただ中の1990年に、レコード会社・パイオニアLDCの“J-POP第1号歌手”として華々しくデビューしたKATSUMI。キャッチーな楽曲で数多くのCMソングに起用され、大ブレイクを果たした。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「当時の事務所が六本木にあったのですが、事務所の駐車場代だけで自分が住んでいたアパートの家賃ぐらいするのを知って驚いた記憶があります。僕自身は給料制だったこともあり、バブルとはほど遠い生活を送っていましたね」

ソバージュヘアに俳優顔負けのイケメンという見た目から都会的なイメージがあるが、実は茨城県出身。東京へ来たばかりのころはなかなかなまりが抜けず、苦労したという。

音楽の専門学校に通うために上京したのですが、なまっているのが恥ずかしくて、最初のころはあまり話せなかったですね。当時はDCブランドブームだったし、田舎者だと思われたくなかったので、バイト代はバンド活動と洋服代に消えていました

似た曲ばかり求められるように

専門学校卒業後もバンド活動を続けていたところ、24歳のときにチャンスが訪れる。

「22歳のときにやっていたアマチュアバンドのデモテープが音楽関係者の目にとまり、事務所に所属することができたんですが、なかなかデビューができなくて。給料はもらえていたけど、いつデビューできるかわからない状態だったので、辞めようと思い事務所の社長に電話をしたんです。そしたら“さっきレコード会社が決まったよ”と。ドラマみたいなできすぎた話ですけど、実話です」

1990年4月にメジャーデビュー。そして2枚目のシングル『危険な女神』が、カメリアダイヤモンドのCMソングに起用されたことで、一気に注目を集めることに。

「いざデビューしてみると、レコード会社からの期待なども強く、プレッシャーのほうが大きくなっていって……。そこからは事務所が用意したみこしに乗せられて、どんどん進んでいった感じでしたね」

次ページリリースするたびにCMのタイアップが
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT