あの若沖の名画「奇妙なゾウ」に秘められた真意

漫画「ギャラリーフェイク」(第34集ART.2)

伊藤若冲の屏風を売るために京都へ来たフジタ。そこで出会った美術館学芸員の瓜実修二からその屏風を見せてほしいと頼まれ……
『ギャラリーフェイク(1)』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

1990年代から2000年代にかけ『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて金字塔を打ち立て、現在『ビッグコミック増刊号』にて大復活連載中の伝説のアートコミック。

それが、漫画『ギャラリーフェイク』。

時代は令和……新時代のアート界を、あのダークヒーロー・フジタが相棒・サラとともに再び駆けます。

漫画『ギャラリーフェイク』(小学館)より抜粋してご紹介します。

この記事の漫画を読む(30ページ)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT