あの若沖の名画「奇妙なゾウ」に秘められた真意

漫画「ギャラリーフェイク」(第34集ART.2)

伊藤若冲の屏風を売るために京都へ来たフジタ。そこで出会った美術館学芸員の瓜実修二からその屏風を見せてほしいと頼まれ……
『ギャラリーフェイク(1)』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

1990年代から2000年代にかけ『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて金字塔を打ち立て、現在『ビッグコミック増刊号』にて大復活連載中の伝説のアートコミック。

それが、漫画『ギャラリーフェイク』。

時代は令和……新時代のアート界を、あのダークヒーロー・フジタが相棒・サラとともに再び駆けます。

漫画『ギャラリーフェイク』(小学館)より抜粋してご紹介します。

象と若冲

©細野不二彦/小学館
次ページ若冲の掘り出しモン
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT