利休が説く「不足と不完全」を愛する侘びの精神

日本の歴史と文化を「4コマイラスト」で紹介

日本の歴史と文化を4コマイラストでわかりやすくご紹介します(山川出版社提供) 
グローバル化が進む現代では、何気ない会話の中でも改めて日本について問われる機会が少なくありません。
ただ、「日本史を学び直したいけど大変そう」という人もいるでしょう。最新刊『4コマで日本史 日本をみなおす50の視点』では、さまざまな場面で話題になるようなテーマや日本特有のテーマなどが4コマイラストでわかりやすく紹介されています。
本稿では同書から一部を抜粋しお届けします。

テーマ1:侘びの精神

「わび」「さび」は日本的な美意識を代表する言葉の1つではないでしょうか。さびは「錆び」と書き、古びた様子を指します。では、「わび」=「侘び」とは何でしょうか? 千利休が大成した「侘び茶」の精神を考えます。

(出所:『4コマで日本史 日本をみなおす50の視点』)
次ページ粋とは「スマート&セクシー」の緊張関係
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT