「在宅の部下」を心配する上司に欠けた視点 「タスクありき」ならチームの生産性が上がる

印刷
A
A

あなたも、こんな風に感じることはありませんか。

「Aさんが残業を40時間もやっているのに、Bさんは5時間しかやっていない。Bさんは仕事をじゅうぶんにやっているのか」といった思考ノイズが頭をよぎったり、「Cさんのところは子どもが小さい。在宅勤務で、ちゃんと仕事をしているのだろうか」などといった雑念が浮かんでしまうことは。

「人ありき」のチームマネジメントをしていると、どうしてもこういう考え方になってしまうのです。

ですから、意識するのはまずタスクです。メンバーがちゃんと働いているかどうかではなく、チームとして果たすべきタスクがさくさく処理されているかどうかだけに、リーダーは焦点を合わせるべきです。

正直なところ、以前は私もそうでした。

部下が夜遅くまで仕事をしていたり、週末もオフィスに出てきたと聞くと「頑張っているな」と思ってしまいます。

どんな仕事(=タスク)を処理していたのかも知らないのに、「最近、努力しているな」という印象をもってしまうのです。

もちろん、長い時間働いている人は頑張ってはいるでしょう。それは認めたい。

しかし、リーダーが感覚的に「頑張っている」「よくやっている」といった評価をしつづけていると、ちゃんと仕事をしているのに自己アピールが足りないせいで評価されないメンバーの不満は大きくなっていきます。

「人ありき」ではなく「タスクありき」

「カオナビHRテクノロジー総研」の調査結果(2019年)では人事評価の不満な点について以下のようになっています。「評価結果に納得感が無い」が半数を超え、「評価者が信用できない」「評価理由に納得感が無い」がそれにつづいているのです。

「アデコ株式会社」の調査結果(2018年)においても、「評価基準が不明確」「評価者の価値観や経験によってばらつきが出て、不公平だと感じる」といった不満が上位を占めました。

『優れたリーダーは部下を見ていない』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

裏を返せば、人事評価に満足しているメンバーは、職場への満足感・エンゲージメントも高い傾向にあるわけです。リーダーにとっては無視できない要素ですよね。

さらに、メンバーに気を遣いすぎてチームが予定どおりのゴールを達成できないのであれば、リーダー自身の評価にも影響が出てしまいます。まさに踏んだり蹴ったりと言えるでしょう。

悩めるリーダーは、ぜひ、この「人ありき」の考え方から「タスクありき」の考え方へとシフトしましょう。その結果として、上司、部下双方が満足のいくマネジメントとなるに違いありません。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT