おやつカンパニー、過半の役員が辞めていた!

米カーライルと提携した日、経営体制が激変

1948年に松田産業有限会社として創立し、59年に「ベビースターラーメン(当時の商品名は「ベビーラーメン」)」を10円で発売、そして93年に現社名に変更したおやつカンパニー。一方、2000年に日本に進出したカーライル・グループは、外食大手チムニーに出資(売却済み)するなど、業種を限らず幅広く投資している。

今回、どのような縁で米投資ファンドとベビースターラーメンが接点を持ったのかは不明だ。ただ、提携の目的を「海外展開の加速」としているように、おやつカンパニーでは、83年にベビースターラーメンの香港への輸出を始め、その後、台湾やタイ、シンガポール、メキシコと輸出先を拡大してきた経緯はある。

カーライル流で飛躍なるか

過去のインタビューでも、松田好旦社長は「ちょうど私が30歳(1978年)になった頃、日本だけでなく全世界の子供たちにこの商品(ベビースターラーメン)を広めようという大きな野望を持って、香港と台湾に行きました」(共立総合研究所刊『REPORT』より)と話しており、昔から海外への展開意欲があったようだ。

カーライル・ジャパンの安達氏は昨年のインタビューでこうも述べている。「われわれは、経営陣や従業員と同じ船に乗ることを考えて投資します。株主として儲ければいいという人たちと違い、会社にとっていいことをするという方針です」。

果たして、カーライルの資本を仰いだことで、「グローバル・スナックカンパニー」へと変貌を遂げられるのか。それとも、経営体制の刷新で支障を来すようなことはあるのか。いずれにしても、”カーライル流”海外展開の一手が待たれるところだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT