「裏社会でも覚醒剤中毒は嫌われる」意外な理由

強迫観念や幻視で錯乱状態になる様子は狂気

世界で流通するマリファナや覚醒剤。そのビジネスの実態に迫る(写真:花咲かずなり/PIXTA)
スラム街や国境裏ルートなど、世界の危険地帯を数多く取材してきた丸山ゴンザレス氏。自身の経験談や取材のノウハウを書き記したエッセイ『世界ヤバすぎ! 危険地帯の歩き方』を基に、今回は世界における薬物流通の実態をお届けする。
前回:スラム街で一番怖いのは「犬」という衝撃事実

ドラッグ相場は何で動く?

「これで500ジャマイカ・ドルだ」

差し出されたビニールの小袋には、マリファナを乾燥させたものが入っていた。ジャマイカの首都キングストンのトレンチタウンというスラム街では、マリファナの販売店が路面に沿ってある。

店といっても建物の窓から金とマリファナを受け渡すだけ。その窓の位置も、大人が手を伸ばしてやっと届くような高さだ。これはセキュリティの一環らしい。

渡された袋の中に入っていたマリファナは日本円にして約500円分。この金額でジョイントが5〜6本は作れる量がある。ジョイントとはマリファナをタバコ状に巻いたもので、タバコと同じように火をつけて煙を吸入する。ジョイントを購入するとなると日本では1本で4000〜5000円といったところだろう。値段だけで比べたらおよそ50倍の差になる。

ちなみに日本以外の場所と比較しておくと、ニューヨークでほぼ同じ量が50ドルで販売されていた。そうなるとジョイント1本あたり1400円ぐらい。ジャマイカの14倍だが日本よりははるかに安い。

このようにマリファナひとつとってみても、違法とされるドラッグの値段は国によってだいぶ異なるのだ。

そこで疑問に思う。どうして国ごとに値段が違うのか。値段の差が発生する原因を解説しておこう。

次ページ理由はものすごくシンプル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT