学生に就職を勧めたい大手企業ランキング100

大学キャリアセンターが回答、評価軸は「安定」

このような状況の下、5~6月に各大学のキャリアセンターにアンケートを実施し、551校から回答を得た。まずその中で、学生に人気の業種を5つ聞いた。1位は公務員で52.5%、2位はサービスで37.3%、3位は教員で36.2%、以下食品、情報、銀行、商社の順となっている。不安な状況だからこそ、安定した公務員の人気は高い。

そして具体的に「学生に勧めたい大手企業はどこか」も調査している。それをまとめたのが「大学のキャリアセンターが学生に勧めたい大手企業ランキング」だ。6社連記で記入してもらい、1番目に書いてある企業を6ポイント、2番目を5ポイント、以下4、3、2、1ポイントとして集計した。

トップはJR東日本

結果を見ていこう。トップは昨年2位から順位を上げたJR東日本となった。2位はトヨタ自動車、3位は全日本空輸(ANA)、4位はJR東海、5位は日本航空(JAL)と続く。大企業ばかりで、インフラ系企業が多いのが特徴だ。

このアンケートは、ちょうど緊急事態宣言が発出されていた頃に実施しており、コロナ禍の影響を加味して回答しているものと思われる。ただ、航空各社が正式に採用を中止したのはその後で、今はさらに考え方が変わっているものと考えられる。すでにJR各社は売り上げを落としており、全日本空輸は2022年卒業者の採用も縮小すると発表している。大学生のキャビンアテンダント志望は多いが、採用はストップすることになる。

企業の採用支援を行っているワークスジャパンの清水信一郎社長は、次のように分析する。

「キャリアセンターとしては安定した企業を勧めていることがわかる。コロナ禍の影響もあるかもしれないが、インフラ系とメーカーが多いように思える。インフラ系では、JRが全社100位以内に入っている。大学の所在地によって勧める会社は異なると思うが、地場の有名企業として航空よりも安定している。都市開発なども行っていることから仕事内容も多彩で、学生の人気もあるのだろう」

このアンケートでは、「学生に勧めたい企業を選んだ理由」も聞いている。トップは「安定している」の32.6%で、2019年の調査でもトップだったが、値は26%だったのでそれを上回っている。コロナ禍による景気後退、採用の鈍化をにらんで、安定がキーワードになっているようだ。2番目以下は、「将来性がある」27.3%、「社員を大事にしている」26%、「業界上位である」21.5%の順となっている。

次ページ学生に勧めたい企業を選んだ理由
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT