現代語訳 論語と算盤 渋沢栄一著 守屋淳訳

現代語訳 論語と算盤 渋沢栄一著 守屋淳訳

近代日本で、470社余りの会社設立にかかわってきた大実業家・渋沢栄一。

彼はこの国の実業界の基盤となる考え方を築いた人物であり、その経営哲学をまとめた『論語と算盤』には「利潤と道徳を調和させる」という、経済人のなすべき道が示されているという。その中から、重要な部分を選び現代語に訳したのが本書である。

資本主義にはもともと、私利私欲をエンジンにして前に進んでいく面がある。ところが、そのエンジンはしばしば暴走する。そこに歯止めをかける道徳を『論語』から学ぼうというのが趣旨である。社会に確固たる道徳的規範を築き、そのうえで利潤を追求する。それこそが資本主義社会の急務だと渋沢は語る。

ちくま新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。