現代語訳 論語と算盤 渋沢栄一著 守屋淳訳

現代語訳 論語と算盤 渋沢栄一著 守屋淳訳

近代日本で、470社余りの会社設立にかかわってきた大実業家・渋沢栄一。

彼はこの国の実業界の基盤となる考え方を築いた人物であり、その経営哲学をまとめた『論語と算盤』には「利潤と道徳を調和させる」という、経済人のなすべき道が示されているという。その中から、重要な部分を選び現代語に訳したのが本書である。

資本主義にはもともと、私利私欲をエンジンにして前に進んでいく面がある。ところが、そのエンジンはしばしば暴走する。そこに歯止めをかける道徳を『論語』から学ぼうというのが趣旨である。社会に確固たる道徳的規範を築き、そのうえで利潤を追求する。それこそが資本主義社会の急務だと渋沢は語る。

ちくま新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT