コロナ第3波を前に一応確認しておきたい備え

第1波で店頭から消えた商品は何だったか

買いだめは推奨しませんが余裕を持った準備は必要になるかもしれません(写真:soleg/PIXTA)

新型コロナウイルスの第3波がいよいよ到来したようです。予想通りというか想定通りというか、冬が近づいて、寒い北海道から順に、感染者数が増えています。そしてこちらも残念ながら開発途上のワクチンは今年の冬に日本国民へと行き渡ることはなさそうです。

日本の場合、ファクターXとよばれる未知の要因から、今年の冬も重症化の比率は欧米よりは少なく済む可能性はあります。しかし実際にコロナに罹患すると、無症状の場合でも治癒後に何らかの影響が残るという研究発表もあり、結局のところ今年の冬もコロナを避けた自粛生活を強いられる人も多そうです。

今年の3月から5月にかけて、わたしたちは痛いほど小売店の店頭から欲しいものがなくなってしまう事態を経験してきました。不安を煽るつもりはありませんし、不要な買いだめは本当に不毛だと思うのですが、今年の第1波以降、なくなって手に入らなくなってしまったものを確認しておきましょう。

マスクと消毒用アルコールの備蓄は十分?

① マスク

さすがにマスクはほとんどの読者の方が確保されているのではないでしょうか。使い捨てマスクがなくなっても大丈夫なように洗って使える布製マスクも普及していると思います。

あまり推奨できることではないかもしれませんが、わが家の場合、夏の間は使い捨てマスクも殺菌したり洗ったりして3~4日は使うようにしつつ、予備で近所に売っていたアラビア語のパッケージの使い捨てマスク(50枚入り)を2箱ほど購入してあります。

直近ですとこういったマスクが3箱1000円で投げ売りされていたりもしますが、またすぐに値上がりするかもしれませんね。それと今のうちに気を付けておくべきは品質です。今年の夏の間に出回ったマスクはつけてみたらゴムのところがすぐに外れてしまうものが混ざっていたというニュースもあります。手元の備蓄品が本当に使えるかどうかは、今のうちに試しておいたほうがよさそうです。

② 消毒用アルコール

マスクと違い、消毒用アルコールはこれまで日常用に家庭で購入する習慣が少なかったせいで、買いそびれた方が多かった商品でした。

幸いにして生産量も増えてきて、今のところ価格は高いですがそれなりに流通している様子です。わが家では今年の冬を越すぐらいのアルコールは確保できています。

次ページ薬用せっけんも確保しておきたい
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT