「思い出の品の処分」で家政婦が発揮した超手腕

漫画「ぽんこつポン子」(第2話)

いつか使うかも……と約20年手付かずだった納屋の片付けを命じられたポン子ですが……
『ぽんこつポン子(1) 』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

さびれた海辺の街。妻を亡くした吉岡は、一人で暮らすには明らかに広すぎる家で、静かに余生を送りたいと考えていた。そこへ彼を心配した息子が送り込んだのは、なんと家政婦ロボットだった。

完璧な家政婦とはほど遠く、首は取れるし、料理は作れず……。やることなすこと、ポンコツ。そんなロボット・ポン子が、吉岡の生活を次第に変えていくーー。

ほんのすこし先の近未来を感じさせる漫画『ぽんこつポン子』(小学館)より抜粋してご紹介します。

この記事の漫画を読む(21ページ)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT