家政婦ロボに「死の恐怖」を尋ねた老人の心境

漫画「ぽんこつポン子」(第3話)

少しでも人間の役に立ちたいと奮闘するポンコツのロボット。ついに仕事を任され、「ポン子」命名され──
『ぽんこつポン子(1) 』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

さびれた海辺の街。妻を亡くした吉岡は、一人で暮らすには明らかに広すぎる家で、静かに余生を送りたいと考えていた。そこへ彼を心配した息子が送り込んだのは、なんと家政婦ロボットだった。

完璧な家政婦とはほど遠く、首は取れるし、料理は作れず……。やることなすこと、ポンコツ。そんなロボット・ポン子が、吉岡の生活を次第に変えていくーー。

ほんのすこし先の近未来を感じさせる漫画『ぽんこつポン子』(小学館)より抜粋してご紹介します。

探しものは・・・?

©矢寺圭太/小学館
次ページその「バン」は?!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT