誰でもアイデア名人になれる「図を描く」習慣

超簡単な「思考の見える化」と「組み合わせ」

新しいアイデアを考える際、図に描くと新発想のヒントを得ることができます(写真:Fast&Slow/PIXTA)
何か新しいアイデアを考えようと思ったけど、一向に頭に浮かんでこない。何十個もキーワードを箇条書きにしてみたけど、何も浮かび上がってこない。そんなときは、1枚の白い紙を用意して図を描いてみよう。図に描くと、今まで見えていなかったものが見えてきて、新発想のヒントを得ることができます。外資系の事業会社やコンサルティングファームを経て、いまはビジネススクールで教鞭をとり、『武器としての図で考える習慣:「抽象化思考」のレッスン』を上梓した筆者が、図を描いてアイデアを生む方法を紹介します。

図は思考を「見える化」する

図を描いて考えることのメリットはたくさんあります。例えば、思考の「見える化」ができること。思考の「見える化」は、思考のモレや矛盾、弱点を明らかにしてくれます。

『武器としての図で考える習慣:「抽象化思考」のレッスン』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

だいたいの場合、頭で「わかった!」と思っても、その論理は「ゆるい」ことが多く、図にするとそのゆるさが白日のもとにさらされます。そして、えっ、これしか考えられてなかったのか……と自己嫌悪。思った以上に論理はタイトでないことが多いものです。

「見える化」のメリットはほかにもあります。それは記録として残せることです。頭の中の記憶が消えても、図にしておくと、そこまで考えたことは消えません。そうすると、いつでもその図を取り出し、続きから考え、思考のビルディングブロックを積み上げていくことができます。

出所:『武器としての図で考える習慣』
次ページイノベーションは新結合で生まれる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT