ついに今晩「米大統領選の仕組み」を5分で理解

意外と知らない「基本のキ」を押さえよう

勝つのはトランプ氏か、バイデン氏か(写真:ロイター)
4年に1度行われるアメリカ大統領選挙は、いよいよ今晩、投票日を迎える。勝つのは共和党のトランプ大統領か、民主党のバイデン前副大統領か、非常に注目が集まる。アメリカの大統領選は国民の直接投票ではなく、州ごとに異なる制度で選挙人団を選ぶ間接選挙になっており、やや複雑だ。大統領がどうやって決まるのか、改めておさらいしておこう。
本稿は、久保文明氏、金成隆一氏の新刊『アメリカ大統領選』から、一部を抜粋・再構成したものです。

規程に背く「不誠実な選挙人」も

アメリカ大統領の選び方の大きな特徴として、以下の4点がある。

①プロセスは、前半戦の「予備選挙」「党員集会」と、後半戦の「本選挙」と、大きく二つに分けることができる。大統領になるには、候補者は、まず党内レースである前半戦を勝ち抜き、党公認の候補者になる必要がある。

前半戦では、各党が「予備選挙」や「党員集会」を開くが、アメリカは二大政党制の国で、全米の注目は共和党、民主党に集中する。前半戦は州単位で実施され、選挙の年の2月頃から夏にかけて各地で順次開催される。支持を広げられない候補は多くの場合、途中で脱落する。

各党の指名候補が決まると、11月の本選挙に向けた後半戦に突入する。本選挙は、二大政党の指名候補の一騎打ちになることが多く、本格化するのは9月上旬のレイバー・デー明けだ。

②本選挙は「間接選挙」で実施される。有権者は「トランプ」や「オバマ」などと書かれた投票用紙にチェックをつけて投票しているので、大統領候補に直接投票しているように見えるが、実際は選挙人を選んでいる。この選挙人が州を代表して投票し、大統領を正式に選出している。

③本選挙は州ごとに実施されており、ネブラスカ州とメーン州を除く48州で「勝者独占方式」が採用されている。

この方式は、州内で1票でも多くを獲得した候補者が、その州に配分される選挙人を独占する仕組み。選挙人は全米に計538人いて、過半数「270人」を集めた候補者が勝者となり、翌年1月に大統領の職に就く。大統領選で「270」という数字が報道にあふれるのはこのためだ。

2016年にトランプは306人を、オバマは2012年に332人を、2008年に365人を集めて大統領に選出された(2016年、トランプは306人の選挙人を、ヒラリー・クリントンは232人の選挙人を集めたが、それぞれ一部の選挙人が規定に従わずに投票した結果、正式な記録としてはトランプ304人、クリントン227人となった。規定に背く選挙人は「不実な選挙人(faithless elector)」と呼ばれている)。

次ページ選挙人は各州に人口比で配分
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT