マセラティがフェラーリとの決別で見せた本気

電動化を見据えた「MC20」が示す未来への挑戦

マセラティの企業規模を少量生産から中規模生産メーカーへシフトさせるというグループ内の戦略からフェラーリ傘下を離れ、FCAのマネージメントへと戻ったのだが、その背景には1人の男の存在があった。

そう、それは故セルジオ・マルキオンネFCA CEOだ。マセラティにはFCAグループにおけるフラッグシップ・ブランドとして、それまでの年間数千台を一気に10万台近くまで持ち上げるという大胆な計画が託されたのだった。

しかし2018年、そのすべてをコントロールしていたマルキオンネの突然の死去によって、状況は大きく変わった。

アルファロメオとの開発における協業体制、初のSUV「レヴァンテ」のリリースなどが行われたものの、マセラティブランドの核となるスポーツカーの開発が止まってしまったのだ。そして、そのアグレッシブな拡大政策は方向転換を強いられる状況となった。

マセラティ初のSUVモデル「レヴァンテ」(写真:マセラティ)

そこで、急遽体制の見直しが行われた。故マルキオンネの下でFCAの技術開発におけるリーダーシップを取ったハラルド・ウェスターが、エグゼクティブチェアーマン、マーケティングのエキスパートであるダヴィデ・グラッソがCEOに任命される新しい布陣となったのが、昨年のことであった。

そして、マセラティこそがモデナをベースとするスポーツカーブランドであるという、DNAの再認識が行われた。ブランドの本質を追究するために、いたずらな生産規模の拡大路線に終止符が打たれたわけだ。

プライドを懸けた挑戦

分散していたマネージメント拠点をモデナに統一し、開発拠点もモデナのマセラティ・イノベーション・ラボへ集約、モデナ工場のリニューアルへの大号令がかかった。マセラティとして独立したスタンスを持ったマネージメント体制の確立が、急ピッチで進んでいる。

その新体制下における新生マセラティブランドのアイコンとなるべく選ばれたのが、ミッドマウントエンジンスポーツカーのMC20プロジェクトであった。

現行「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」の後継モデルではなく、フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンなど、強敵が君臨するスーパースポーツカーのセグメントへ向けたニューモデル投入は、モデナの伝統スポーツカーメーカーとしてのプライドを懸けた挑戦なのだ。

次ページフェラーリエンジンとの決別
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT