マセラティがフェラーリとの決別で見せた本気

電動化を見据えた「MC20」が示す未来への挑戦

モデナにおける先月の取材時に見たMC20のシャーシが、BEVを前提に作り込まれていることを筆者は確認済みだ。フロントのサブフレームにもモーター設置用ブラケットが用意されているし、キャビン後ろにバッテリーを搭載するスペースが確保されている。

縦置きエンジン後方に設けられたトランクルームもまた、バッテリー搭載を前提にデザインされているという。マセラティがV6エンジンをセレクトしたのは、環境への対応だけではなく、BEVレイアウトとの互換性も考えられてのことであろう。

電動化を見据えて作られた「MC20」のパッケージング(写真:マセラティ)

つまりマセラティは、このセグメントとして早いタイミングでBEV仕様をデビューさせることで、MC20の存在感をさらに高める戦略を考えているのだ。ちなみに、MC20のプロトタイプがモデナを疾走していたが、音量は控え目ながらも、とても官能的なサウンドを聞かせてくれた。マセラティ伝統の“深みのあるエグゾーストノート”もこのMC20のこだわりだと、チーフエンジニアは語っている。

同時にBEV仕様においてもドライバーを高揚させるマセラティらしいサウンド作りを追求すべく、マセラティ・イノベーション・ラボの専門セクションが日々、その開発に勤しんでいるという。トップエンドモデルでマセラティのEVテクノロジーをアピールすべく、まずは内燃機関版ミッドマウントエンジンレイアウトモデルを投入したわけだ。

さらに次のマセラティはBEVのみでデビュー

MC20は、マセラティブランドとしての未来を世の中に示すマニフェストそのものである、というのが結論である。

ダヴィデ・グラッソCEOと「MC20」(写真:マセラティ)

マセラティは、このMC20に続いて開発が進んでいる、主力モデルの次期グラントゥーリズモ系(4座2ドアクーペ/オープンモデル)はBEV仕様のみでお披露目を行うとアナウンスしている。つまり完全にBEVメインなわけだ。

100年の歴史を持つ“エンジン屋”マセラティは、“電動機屋”というもう1つの表札を付けるべく、電動スポーツカーの未来へも挑戦しようとしている。その決意表明たるエポックメイキングなモデルが、このMC20なのだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT