「問題解決できても出世できない人」の残念な訳

仕事の成否は「課題設定力」の有無で9割決まる

「課題と問題の違いは何ですか?」

もちろん、文脈や、その言葉が使われる状況によっても、微妙に意味やニュアンス、レベル感が変わってきます。ですので「課題とは?」「問題とは?」という問いに対して唯一無二の絶対的な答えはないのですが、少なくとも本稿で「課題」「問題」と記述するときには、何を意味しているのか、そこを明確にしておかないと、「課題設定(力)」についてきちんと理解してもらうことはできません。

そこで本稿では、「課題」「問題」を、次のように定義することにします。

「課題」
「現状」と「あるべき姿」のギャップを把握したうえで、「現状」を「あるべき姿」にするために、なすべきこと。
「問題」
「課題」の達成(「現状」を「あるべき姿」にすること)を阻む要因。

つまり、本稿で定義する「課題設定」とは、

「現状」と「あるべき姿」を正確に把握し、「現状」を「あるべき姿」になることを阻む優先順位の高い「問題」を見極め、「現状」を「あるべき姿」に近づける方法を考えること。

ということになります。言い換えると「今何をやるべきかを見極める」ことです。

問題と課題を混同する罠

課題設定と問題解決の違いがわかっていない人が犯す誤りとして、よくあるのが「課題」と「問題」を混同してしまうことです。もう少し正確に言うと、「課題を達成するために解決すべき問題」と、「課題の達成にあまり関係のない問題」の混同です。

繰り返しになりますが、課題とは、「現状」「あるべき姿」「問題」の3点セットで考える必要があります。「現状」を「あるべき姿」にしようとすると、障害となるさまざまな要因や事象が出てきます。これを「問題」と呼びます。そして重要なのは、「あるべき姿」の実現の障害になるものだけが「問題」だということです。

次ページいま解決しなくていい問題に取り組まない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT