「問題解決できても出世できない人」の残念な訳

仕事の成否は「課題設定力」の有無で9割決まる

例えば、「(今は未達だけど)営業部の成績はこれくらいが妥当だと思われる」という「あるべき姿」があったとします。そして、それを実現すべく、営業部の実態について調べたところ、「営業日報を書くのに時間がかかっている」「営業部員の遅刻が多い」という現状が判明したとしましょう。これらは確かに憂うべき事実かもしれません。

しかし、「よし、これらを改善するために問題解決に取り組もう」と考えるのは勇み足です。なぜなら、その2つの事実が「あるべき姿(営業部の成績を上げる)」の障害になっているかどうか、まだわからないからです。

営業日報を書く時間を短縮できても、営業部員の遅刻を減らしても、それが営業部の成績向上に結びつかないかもしれません。

もしそうであれば、それらは、いま抱えている課題に対しての取り組むべき「問題」ではないのです。であれば、至急解決しなくてはならないものとして取り上げなくてもよいかもしれません。

「現状」から「あるべき姿」までを線で結んで、その間にあって妨げとなっている「問題」だけが、その課題で取り上げるべき「問題」です。今は、たくさんの「(一見)問題らしきもの」「(一見)やるべきこと」があふれています。ですので、本当に「あるべき姿」の実現のために解決が必要な問題が何なのかを見定めることが重要なのです。

「問題」らしき事象や、「一見やるべきこと」らしきものにやみくもに取りかかっていては、時間がいくらあっても足りませんし成果に結びつきません。

課題設定は経営層だけの仕事ではない

いま何をやるべきかを見極める。言葉にすると簡単ですが、実は難易度が高く、ビジネスの成否はある意味ここで決まります。どんなに問題解決力が高く、業務処理能力が優れていても、最初のスタート地点である課題設定を間違えては、それらを発揮することはできないからです。その後どんなに頑張ろうとも、間違った方向で成果が出るか、かけた労力と比べて見劣りする成果しか得られません。

「あるべき姿」を設定するというと、「それはマネジメント層の仕事だろう」と思われるかもしれません。しかし、現代のビジネスシーンでは、この課題設定が現場のビジネスパーソン1人ひとりに求められているのです。

課題設定ができるようになれば、あなたはプロフェッショナルとして認められ、「またあなたに仕事をお願いしたい」と言われる、代替不可能な人材になれるのです。と同時に、これまで磨き上げてきた問題解決力や、業務知識や、あるいは常日頃の頑張りが、非常に効率的かつ効果的に、仕事の成果に反映されるようになるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT