熱気帯びる男性化粧品、成熟市場にニューホープが登場

熱気帯びる男性化粧品、成熟市場にニューホープが登場

「市場規模はまだ小さいが、この提携で新たな需要を喚起したい」。

2月17日、スポーツ用品「アディダス」ブランドの男性化粧品「アディダス スキンプロテクション」の発表会で、コーセーの小林一俊社長は期待を込めてこう語った。

同社はこれを機に男性化粧品に本格参入。制汗剤から洗顔料まで取りそろえ、ドラッグストアのほか、男性客の多いコンビニでも販売する。サッカーの中村俊輔選手を起用してテレビCMなども大々的に展開。3年間で売り上げ60億円と掲げる目標は高い。

消費が冷え込む中、男性化粧品市場は熱気を帯びている。近年、仏ロレアル傘下の「ランコム」など化粧品企業が相次ぎ商品を発売。2月には中堅通販化粧品ハーバー研究所が「男の美学」を投入するなど参入が増える一方で、ロート製薬も若年向けの「オキシー」で新たにニキビケア製品を発売。既存ブランド強化の動きも活発だ。

背景にあるのは国内化粧品市場の停滞。

過去10年間は2兆円強を維持してきたが、今後は少子高齢化などによって縮小が見込まれる。こうした中、各社とも新たな需要の掘り起こしに必死。資生堂やカネボウ化粧品では2008年末以降、相次ぎ50~60代向けブランドを投入。ターゲットや機能をより細かく絞る傾向が強まっている。

男性もそんな潜在市場の一つだ。現在、規模は300億円程度にすぎないが、消臭や清潔感などへの意識が高まる中で着実に成長。中でも、スキンケア市場は前年比5~15%増ペースで伸びており、08年度は200億円を超えた。しかも「男性は一度使い始めると、美容情報に接する機会が少ないこともあり、女性よりリピート率も高い」(大塚製薬)とあって、各社が小さなパイに群がっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。