熱気帯びる男性化粧品、成熟市場にニューホープが登場


 特徴的なのは製薬会社など異業種が多く、1000円以下の安価な化粧品が多い点だ。女性に比べて男性は買いやすさを重視。主な販路はドラッグストアやコンビニと、製薬会社が得意とする販路を活用できるので参入障壁は低い。

たとえば大塚製薬は08年9月から男性のみを対象に「UL・OS(ウルオス)」を展開。“お肌の曲がり角”を感じている40代男性を中心に支持を集めている。

一方、既存メーカーは一段上の顧客獲得を狙う。草分けの資生堂は低価格の「UNO」のほかに、高級ブランド「シセイドウ メン」を展開。購買層は20~40代の富裕層で、百貨店での美容部員によるカウンセリング販売も徹底。昨年のスキンケア製品売上高は2ケタ増となる見込みだ。市場拡大が続く中、新たな市場の勝者となるのはどのメーカーか。

■コーセーの業績予想、会社概要はこちら

(島田知穂 撮影:田所千代美 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
  • さとり世代は日本を救うか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。