テレビの「●時45分開始」番組への強烈な違和感

視聴者軽視のフライングで誰が得しているのか

まずテレビ朝日のケースを見ていくと、「スーパーJチャンネル」がよくないから15分間短縮して、各曜日のバラエティーを15分間前倒しかつ拡大したわけではないでしょう。他局が19時まで報道・情報番組を放送する中、「テレビ朝日は18時45分から、いち早くバラエティーを放送することで、バラエティーを好む視聴者を自局に取り込みたい」のです。

とくにテレビ朝日が平日ゴールデンタイムで放送しているバラエティーは、「視聴者の年齢層が高く、広告収入につながりにくい」と言われているため、「放送時間を早くすることで、より若い世代の流入を狙っている」とも言えるでしょう。

このような「他局より先に放送してチャンネルを合わせてもらおう」という戦略は、“フライングスタート”と呼ばれ、テレビ朝日に限らず各局が使用しています。

ただ、その大半は“〇時54分スタート”“〇時56分スタート”などの数分間前倒ししただけのレベルであり、今回の“18時45分スタート”は相当なフライング。「ちょっとだけ早くはじまる」というより、「1コーナー分、早くはじまる」というイメージであり、意識だけでなく行動も変えなければいけません。例えば、その番組を見るために、食事の準備や入浴などのルーティーンを調整しなければいけない視聴者もいるでしょう。

「最も早くはじまるニュース番組」の看板

一方、フジテレビの狙いは、さらに明確。視聴率争いでトップを行く日本テレビの「news every.」が15時50分から、それを追うテレビ朝日の「スーパーJチャンネル」が16時40分から、TBSの「Nスタ」が15時49分から放送されているため、「イット!」を15時45分からスタートさせることで、「最も早くはじまる夕方のニュース番組」になれるからです。

いち早く放送しはじめることで「イット!」はニュースへの関心度が高い視聴者をしっかり確保。まずはチャンネルを合わせてもらい、「そのまま見続けたくなる構成にする」「後半にも思わず見たくなるコーナーを作る」などの策を施しているのです。

次ページ微妙なスタート時間はテレビ業界の常套手段
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT