テレビの「●時45分開始」番組への強烈な違和感

視聴者軽視のフライングで誰が得しているのか

まずテレビ朝日のケースを見ていくと、「スーパーJチャンネル」がよくないから15分間短縮して、各曜日のバラエティーを15分間前倒しかつ拡大したわけではないでしょう。他局が19時まで報道・情報番組を放送する中、「テレビ朝日は18時45分から、いち早くバラエティーを放送することで、バラエティーを好む視聴者を自局に取り込みたい」のです。

とくにテレビ朝日が平日ゴールデンタイムで放送しているバラエティーは、「視聴者の年齢層が高く、広告収入につながりにくい」と言われているため、「放送時間を早くすることで、より若い世代の流入を狙っている」とも言えるでしょう。

このような「他局より先に放送してチャンネルを合わせてもらおう」という戦略は、“フライングスタート”と呼ばれ、テレビ朝日に限らず各局が使用しています。

ただ、その大半は“〇時54分スタート”“〇時56分スタート”などの数分間前倒ししただけのレベルであり、今回の“18時45分スタート”は相当なフライング。「ちょっとだけ早くはじまる」というより、「1コーナー分、早くはじまる」というイメージであり、意識だけでなく行動も変えなければいけません。例えば、その番組を見るために、食事の準備や入浴などのルーティーンを調整しなければいけない視聴者もいるでしょう。

「最も早くはじまるニュース番組」の看板

一方、フジテレビの狙いは、さらに明確。視聴率争いでトップを行く日本テレビの「news every.」が15時50分から、それを追うテレビ朝日の「スーパーJチャンネル」が16時40分から、TBSの「Nスタ」が15時49分から放送されているため、「イット!」を15時45分からスタートさせることで、「最も早くはじまる夕方のニュース番組」になれるからです。

いち早く放送しはじめることで「イット!」はニュースへの関心度が高い視聴者をしっかり確保。まずはチャンネルを合わせてもらい、「そのまま見続けたくなる構成にする」「後半にも思わず見たくなるコーナーを作る」などの策を施しているのです。

次ページ微妙なスタート時間はテレビ業界の常套手段
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT