「ヤリスクロス」と「キックス」は何が違うのか

欧州と新興国、狙う市場が異なる2車の全容

どちらも海外を発表の場に選んでいるが、ジュークはヨーロッパ、キックスはブラジルやタイといった新興国であることが違う。さらにキックスは、北米や中国でも販売しており、日産のコンパクトSUVの主役は今やこちらではないかと感じる。

ヤリスクロスは今年4月にオンライン発表されたが、これは新型コロナウイルスの影響であり、本来は3月開催のジュネーブモーターショーでのお披露目を予定していた。そのことからも、ジューク同様、ヨーロッパがメインマーケットの車種だとわかる。

対するライズは、ダイハツが昨年秋の東京モーターショーで「新型コンパクトSUV」として展示し、モーターショー終了翌日の11月5日に発売した「ロッキー」の兄弟車で、ロッキーと同日に発売した。現時点では、海外展開はない。

ダイハツからのOEMという形で販売されるライズは日本国内専用(筆者撮影)

新興国の1つインドでは今年9月、スズキが現地で生産販売している「ビターラブレッツァ」のOEMである「アーバンクルーザー」を発売した。北米や中国はひとまわり大柄な「C-HR」を最小としている。

このように日産とは違う取り組み方をしている地域も多く、2車種のコンパクトSUVを用意する日本市場もその1つであるが、ヨーロッパ向けを1車種用意している点は共通しているのである。

車両比較で見るターゲットの違い

ヨーロッパをメインマーケットにしたヤリスクロスとジュークは、パッケージングやスタイリングの方向性も似ている。

2010年にデビューした初代ジュークのコンセプトは、「SUV+コンパクトスポーツカー」で、そのフォルムはたくましい下半身とクーペのような上半身の融合を目指した。その後、多くのブランドからクーペスタイルのSUVが登場したが、そのきっかけがジュークのヒットにあったことは間違いない。

もちろん、現行ジュークもこの路線を受け継いでいる。C-HRやヤリスクロスの方向性も、ジュークに近い。

ヨーロッパで販売される新型ジューク(写真:日産自動車)

カーデザインにダイナミックでエモーショナルな雰囲気を与えるこの方向性は、平均速度が高く、走る楽しさを多くの人が理解するヨーロッパらしいものだ。

同じくヨーロッパ市場を重視して開発されたハッチバックのヤリスも、ダイナミックな造形としている。日産がヨーロッパで展開する「マイクラ」も、国内で主流となっている「ノート」とは異なり、この路線だ。

対する新興国では、最近になって自動車が庶民に広まった状況で、その中でSUVブームがやってきた。多くのユーザーが、背の高いボディの使いやすさに感心したのだ。つまり、SUVに実用性を期待するユーザーが多くなった。キックスは、こうした需要に合わせたSUVだといえる。

次ページ室内の広さはキックスのほうが上だが…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT