ニコン社長交代、これから直面する多くの難問

15年振りに事業部制へ回帰する狙いとは?

牛田氏にはデジカメ事業の経験がない。その点は問題にならないのだろうか。「新しい視点をもって事業の本質を考える、という点で能力が高い。デジカメの環境が急変している今、経験のあるなしではなく、将来に向けて手を打っていくことができることが大事だ」(木村社長)。

牛田氏も、すでに新しい戦略を温めているようだ。「中国の内陸部など、新興国ではまだまだ売り上げを拡大できる。これまでの(画素数など)スペック競争から脱却し、新しい価値を顧客に提案する。2000年代前半ほどの急成長ではないかもしれないが、売り上げ拡大の余地は十分にある」と、一眼レフの立て直しに自信を見せる。

また、デジカメ事業の立て直しと同時にニコンが進めているのは、健康医療関連など新規事業の育成による事業ポートフォリオの転換だ。これまで会社の成長を支えてきたデジカメ事業、露光装置事業がともに成熟化に直面する中、新規事業を育成して成長のドライバーとするというのがニコンの中期計画となる。新規事業については、ニコンが強みを持つ光学、精密機械の技術を生かしつつ、足りない部分については「M&Aやアライアンスも行っていく」(牛田氏)。

15年ぶりに事業部制に回帰

トップ交代と同時に、全社的な組織変更も行う。その一つが、カンパニー制から事業部制への回帰だ。

1962年に事業部制を採用したニコンは、吉田庄一郎社長時代の1999年10月にカンパニー制へ移行していた。現在、デジカメの映像カンパニー、露光装置の精機カンパニー、顕微鏡などのインストルメンツカンパニーという3社の分権体制だ。しかし、6月27日からは事業部制に戻す。この組織改編により、経営トップがニコン全体の戦略構築を行い、それを事業部ごとに下ろしていく仕組みを整える。

「基礎固めは済んだ。これを節目に今後は経営を攻めに移すため、社長交代を決断した」――。4年間の任期を終える木村現社長は、新社長への期待を込めて「攻め」という言葉を使った。苦境にある主軸のデジカメ事業を立て直し、新規事業を育成することで、再びニコンを成長軌道に導くことができるか。牛田氏は社長に就任する1日目から、数々の難問を解決する能力が試されることになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。