香港ディズニーランド、9月25日から営業再開

人数制限しマスク義務付け、まず火木を休園日

 香港ディズニーランドは9月22日、来園者数や開園日を制限し、新型コロナウイルスの感染対策を強化した上で、25日から営業を再開すると発表した。写真は6月の再開時にマスク姿で記念写真を撮る入園者。6月撮影(2020年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 22日 ロイター] - 香港ディズニーランドは22日、来園者数や開園日を制限し、新型コロナウイルスの感染対策を強化した上で、25日から営業を再開すると発表した。

来園者全員にマスク着用を義務付け、まずは火曜日と木曜日を休園日とする。屋内のライブパフォーマンスも実施を見送る。

新型コロナの感染拡大で1月下旬から休園した香港ディズニーは、6月にいったん営業を再開したが、その後感染が再び拡大したため7月15日から再び休園していた。

香港は先週、中国政府主導で180万人を対象に実施した新型コロナ検査で発見された感染者が42人にとどまったことを受け、18日からバーやプール、遊園地の営業再開など、行動制限の緩和を行うと発表した。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT