横浜米軍跡地「新交通」は相鉄の弱点を埋めるか

旧上瀬谷通信施設跡、テーマパーク構想も浮上

遠路行軍の収穫としては、保土ヶ谷バイパスに到達した時点で、この地域が東名高速横浜インターに近く、旧上瀬谷通信施設の北側の八王子街道が片側1車線で渋滞していることがわかった。超大型テーマパークを作ったとして、北側からクルマで来訪する人々の動線が気になる。開発に合わせて周辺道路の整備が必要だ。

旧上瀬谷通信施設地区の位置(赤枠)。瀬谷駅を起点とすると南側からの上瀬谷ラインは妥当だが、東名横浜町田インター、国道16号パイバス、東急田園都市線方面からのアクセスも考慮する必要がある(画像:地理院地図を筆者加工)

また、開業後の第2段階として、上瀬谷ラインの北部延伸も検討に値する。環状4号線に沿う形であればJR横浜線の十日市場駅へ。鉄道空白地帯を埋める形になる。さらにそのまま環状4号線を進み、東急田園都市線青葉台まで来てくれると、田園都市線園線からのテーマパーク集客に弾みがつきそうだ。

上瀬谷ラインの開業予定は2026年度。その完成時期を見込んで、横浜市と国は2027年の国際園芸博覧会の招致活動を行っている。超大型テーマパークはその次のプロジェクトだ。ディズニーワールド、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの成功を筆頭に、ムーミンバレーパーク、スヌーピーミュージアムなど海外IPコンテンツの観光施設が作られている。直近ではとしまえん跡地に『ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 -メイキング・オブ ハリー・ポッター』が発表されたばかりだ。

日本コンテンツのテーマパークに期待

さて、これらのライバルに並ぶテーマパークは何になるか。

そろそろサンリオピューロランド、藤子・F・不二雄ミュージアムのような、日本発祥のキャラクターコンテンツがほしいところだ。任天堂スーパーマリオはUSJで展開しているけれど、もっと大規模に横浜で展開できないか。エンジン付きのマリオカートでレースをしてみたい。あるいはガンダムをはじめ、サンライズ、バンダイ系のロボットはどうか。10月3日に東映太秦映画村でエヴァンゲリオン京都基地もオープンする。

相鉄が関わるとしたら、かつて相鉄がコラボレーションした「ウルトラマンシリーズ」がある。現在も新作が制作されているし、海外権利訴訟が起きたことからも、世界的な人気を感じさせた。ウルトラマン関連グッズはバンダイが販売している。海外の人気コンテンツは手っ取り早く成功しそうだけど、日本の人気コンテンツをまとめたテーマパークの実現に期待したい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT