横浜米軍跡地「新交通」は相鉄の弱点を埋めるか

旧上瀬谷通信施設跡、テーマパーク構想も浮上

相鉄にとってはそれで満足かもしれない。いや、実は満足はしていない。だから上瀬谷にテーマパーク建設を進言したと思われる。なぜなら、「相鉄・JR相互直通運転」と「相鉄・東急相互直通運転」には、片方向の需要しか発生しないからだ。朝の上り方向、夕・夜間の下り方向だ。逆方向にはほとんど需要がないから、長編成の電車がもったいない。

これだけ需要が偏った新設路線も珍しい。そうかといって、都心方面の人々にとって相鉄沿線には目的地がない。せいぜい横浜市、川崎市の運転免許保持者が二俣川の運転免許センターに行く程度だ。相鉄沿線の人々が行く海老名は小田急で行ける。横浜はもちろんJRまたは東横線で行く。相鉄関係者にそれとなく聞いてみたけれど「緑の多い沿線、子育てに良い環境に定住していただきたい」というだけで、都心直通線の逆方向需要の創出は考えていないようだった。

しかし、瀬谷駅付近に超大型テーマパークができたとしたら、都心直通線の逆方向需要が発生する。沿線外から人を呼ぶ観光施設がようやく誕生する。相鉄に足りなかったパズルの最後のピースが埋まる。だから「決定した事実はない」という相鉄も「決定するため」に知恵を絞っているはずだ。それとも、誰かがテーマパークを作ってくれたら電車の客が増えるかな、とコバンザメを決め込むだろうか。

上瀬谷ライン沿線を歩いてみた

上瀬谷ライン沿線はどんなところだろう。起点となる相鉄本線の瀬谷駅は横浜駅から13番目。JR直通線(新横浜線)の分岐点の西谷駅、相鉄いずみ野線と分岐する二俣川駅の西側にある。小田急江ノ島線と交差する大和駅の隣だ。特急・通勤特急は通過する。

瀬谷駅北口。中央が駅舎。左の建物はバス発着場、マイカー送迎場、駐車場。右はスーパーマーケットが2棟(筆者撮影)
横浜市立瀬谷中学校付近から環状4号線(海軍道路)を北上。上瀬谷ラインはこのあたりから環状4号線の地下を進む。道路直下はシールド工法を採用する(筆者撮影)

瀬谷駅は都心直通線の準備として2010年から2面3線から2面4線へ改造する工事に着手し、2013年12月に完成した。駅の北側は区画整理が進み、大型商業施設と交通広場を兼ねた大型駐車場ビルが建つ。駅の南側も再開発が始まり、大型マンションと商業施設を兼ねた「ライブゲート瀬谷」が建設中だ。

横浜市が7月に公開した「環境影響評価方法書」によると、上瀬谷ラインの瀬谷駅は瀬谷駅の北側の地下に造られる予定だ。具体的な場所は未定。地表部から掘り下げる箱型トンネル(開削工法)を採用するとのことで、既存構造物への影響を避けるならば、横浜市立瀬谷中学校の南側が無難だろう。ここから環状4号線(横浜市主要地方道18号)の地下を北上する。通称「海軍道路」で、桜並木の道として地域の人々に親しまれている。沿道は住宅街で、大きな商業施設はない。

次ページ計画にない中間駅、あったら便利だ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT