横浜駅「永遠に未完の工事」がついに終わった?

地下の「馬の背」解消と新駅ビル完成で一段落

「馬の背」が解消された横浜駅中央自由通路。奥にある西口地下街へスムーズに移動できる。「地下通路が新設され、ご覧の通り歩行者の移動が便利になった」とJR東日本の広報担当者が話す(記者撮影)

JR東日本、東急電鉄、京浜急行電鉄、相模鉄道など多くの鉄道が乗り入れる横浜駅は、どこかで工事が終わったら、すぐにほかの場所で工事が始まり、工事が途絶えることがない。スペイン・バルセロナにある未完の教会になぞらえ、「日本のサグラダ・ファミリア」と呼ばれることもある。

サグラダ・ファミリアの工事は2026年完了予定だったが、新型コロナウイルスで内部公開が一時停止となり、収入が激減してしまった。資金確保のメドが立つまで工事再開はお預けとなり、完成の遅れは必至の情勢だ。では、横浜駅の工事は現在どのような状況なのだろうか。

「馬の背」解消、新駅ビル完成

近年の横浜駅における、「延々と続く工事」の象徴が2015年から2019年まで行われていた“馬の背”の改修作業だ。馬の背とは、横浜駅中央自由通路と西口地下街「ジョイナス」を地上で結ぶ通路の通称名。歩行者が横浜駅と西口地下街の間を移動するには、一度地上に出てから再び地下に降りる必要があったため、馬の背と呼ばれていた。歩行者アクセスの改善に向け、撤去工事が2015年から始まった。

2018年3月に中央自由通路と西口地下街が地下の仮連絡通路でつながった。その後、2019年7月にいったん仮通路を閉鎖して再工事を開始。2019年12月に全面開通にこぎつけた。中央自由通路と西口地下街の床高が異なるため、新たな連絡通路には階段、エスカレーター、エレベーターが設置されたが、高さの差異はわずか2m。以前と比べれば移動は格段に楽だ。

そして、今年6月、さらに大きな建設工事が一区切りを付けた。馬の背解消作業と同じ2015年に建設が始まった駅ビル、「JR横浜タワー」が完成し、入居する商業施設が順次開業したのだ。当初の開業予定は5月末だったが、新型コロナウイルスのあおりで6月にずれ込んだ。

次ページ商業施設のほか帰宅困難者受け入れ機能も
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT