中古車頼りの地方鉄道「新車」導入は難しいのか

低コストで導入できる統一車両開発が必要だ

多数の車両を導入して既存の車両を一気に置き換える場合も、中古車は威力を発揮する。東急グループの伊豆急行(静岡県)は、元東急電鉄の8000系を45両導入した。東横線などで使用されていた車両だが、導入にあたってトイレの設置や海側座席のクロスシート化を行い、観光客や長距離客の利用にも対応している。

伊豆急は8000系によって、それまで普通列車に使っていた一般の車両すべてと、観光仕様の「リゾート21」の一部を置き換えた。車種はできるだけ統一されているほうが、メンテナンスなどの面でも都合がいい。8000系は大量に製造された車両で、東急での引退を受けてまとまった数を導入することができた。

地方私鉄の新車導入例

一方、地方私鉄でも新車を導入する事例もある。

一畑電車(島根県)は2016~2018年にかけて、同社で86年ぶりというオリジナルの新造車両7000系を4両導入した。1両編成で運転可能な車両で、費用は1両当たり約2億1000万円。導入に当たっては沿線自治体や国の補助を活用している。車体の設計はJR四国の7000系電車がベースで、走行関連の機器類はJR西日本の225系に準じている。

一畑電車の7000系はオリジナルの新車だ(写真:ニングル/PIXTA)

一畑電車は東急や京王の中古車両も運行している。なぜ、あえて新車を導入したのだろうか。その理由は、1両だけで走れる中古車は探しても入手困難だったからだ。

都市部の私鉄に1両で運行する車両はなく、改造も困難である。1両で運転できれば、日中など利用者の少ないときに輸送効率を改善できる。また、1両で走れる自由度の高さを生かし、旅客ニーズに応じた増結や臨時列車なども可能になった。

静岡鉄道(静岡県)は従来車両の置き換えのため、2015年度末から新型車両のA3000形を導入した。1両当たりの長さが18m・3ドアのステンレス製車両で、編成ごとに異なる7色のカラーリングを施しているのが特徴だ。2両編成12本を導入する計画で、1両あたりのコストは約1億6000万円という。同社は地方私鉄の中でも有力な鉄道会社であり、将来のメンテナンスコストなども考慮してトータルで新車が有利と判断したのであろう。

次ページ中古車両はタイミングが課題
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT