安倍前首相が靖国参拝、2013年12月26日以来

「退任を報告」と写真とともにツイッターに投稿

 9月19日 退任した安倍晋三前首相が午前、靖国神社を参拝した。「今月16日に内閣総理大臣を退任したことをご英霊にご報告いたしました」とのコメントを、写真とともに自身のツイッターに載せた。写真は終戦75年目を迎えた2020年8月15日、東京の靖国神社で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 19日 ロイター] - 退任した安倍晋三前首相が19日午前、靖国神社を参拝した。「今月16日に内閣総理大臣を退任したことをご英霊にご報告いたしました」とのコメントを、写真とともに自身のツイッターに載せた。

安倍氏の靖国参拝は、第2次安倍内閣の発足からちょうど1年経った2013年12月26日以来。このときは中国や韓国から反発を招いただけでなく、米国も「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに失望している」との声明を発表した。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT