「勉強めんどくさい」でも東大合格する人の思考

「効率化を本質につなげる」勉強の2テクニック

結論から言うと、「超実践的に努力する」スキルこそが、効率的に物事を終わらせるための最大のポイントです。

「理解」の前に「まずはやってみる」姿勢

例えば僕らが何かを習得したいと思ったとき、まずはそのやり方や内容を「理解」しようとします。

水泳で言うなら、「こういう泳ぎ方があるのか!」「こんなふうに手と足を動かせば泳げるようになるんだな」と理解することから始めますよね。

でもそれで、泳げるようになるでしょうか? 多分ですが、これだけでは泳げるようにはなりません。まず水の中に飛び込んで、溺れそうになりながらも犬かきでいいから前に進んでいくほうが、泳ぎをマスターするスピードは速くなります

こうして一度水に入っておけば、泳ぎ方のレッスンや身体の動かし方の説明を受けても「あ、あの時はこうすればよかったのか」と話がよくわかるようになります。「最終的にどういう状態になりたいか」というゴールがわかっているから、普段の練習の質も高くなるのです。

同じように、人前で話せるようになるためには、コミュニケーションの本を読む前に一度、人前で話をしたほうが上達しやすくなります。スポーツだって練習だけしているのではなく、実際に戦ってみることで得られる学びも多いはずです。

効率的で要領が良い人は、早い段階から「実践」を行って、その「実践」を活かして普段の練習のクオリティーを高くしているのです。

面倒くさがりな東大生は、受験勉強や学内の試験、そしてあらゆることにこれを応用しています。

例えば、東大に合格する学生の多くは、「過去問」を非常に早い段階から見ています

東大輩出者の多い名門進学校や塾では、高校1年生から東大の問題を解かせています。もちろん解けない場合も多いですが、とりあえず触れてみて、3年後にどんな問題が解けるようになる必要があるのかを意識する勉強ができると、東大の合格がグッと近づくのです。

もちろんこれは東大に限った話ではなく、進学実績の高い学校や塾では「解かなくてもいいから、早めに第一志望の過去問を見ておくように!」と指導している場合が多いです。

大学に入ってからも、これは変わりません。東大の学内には「試験対策委員会」という非公認のシステムがあり、学内テストの過去問が保管されていて、東大生ならだれでもアクセスできるようになっています。他の大学にも同じような仕組みがあったりするようですが、東大は他の大学と比べても非常にシステマチックで緻密に、膨大なデータが管理されているのです。

面倒くさがりな東大生ほど、この学内試験の過去問を早めに入手し、その過去問を片手に授業を受けます。そうすることで「この先生が力を入れて説明したいポイントはどこか」「覚えておくべき重要ポイントはどこか」をしっかり意識できるようになります。だから他の学生よりも何倍も効率的に、最小の努力で単位を取得できるのです。

次ページ東大生が実践している「効率化テクニック」2選
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT