スガノミクスとアベノミクス4つの大きな違い

一見同じでもスガノミクスの方がまだマシかも

競馬である。

日本のJRAは、世界的に競馬産業が衰退する中で、多くの人々、女性や若者をファンとして動員し、草の根から、馬券購入者、そして一口馬主という庶民的な資本家を産み出す事に成功し、世界で圧倒的な成功を収めた。

これほど資金が潤沢な競馬業界は現在では世界に存在せず、この豊かさがサンデーサイレンスなどの超一流馬が日本に集まることをもたらし、いまやスポーツとしてのレース競馬としても、生産としての競走馬産業としても、そしてエンターテインメント産業としての競馬においても、世界的にダントツの業界となっている。やはり、ボトムアップ、消費者主導の産業政策が現代においては望ましいのである。

さて、そのサンデーサイレンスの息子たちの中でも、決定的に日本の競馬を世界一にしたのがディープインパクトだ。今や、「ディープの血」を世界中の馬生産者が求め、アラブの王様もよだれをたらして日本のサラブレットオークションにやってくるようになった。

セントウルSは、クリノガウディーの復活に期待

しかし、珍しいことに週末の西の重賞であるセントウルステークス(G3、中京競馬場11R、距離1200メートル)は、古馬戦であるにもかかわらず、ディープの子が1頭も出ていない。しかも、それにすぐには気づかないくらい、日本の競走馬は全体のレベルが上がっている。

今後も、世界における絶対的な優位は揺るがない。後は、象徴的な意味を持つ、凱旋門賞を勝つだけだ。

「春の古馬短距離ナンバーワン決定戦」である高松宮記念(G1)で1位入線しながら4着へ降着となってから、まったくいいところのないクリノガウディー。相対的には、日本の伝統的な血統を引いていると言えそうなこの馬から。復活を期待して単勝。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT