スガノミクスとアベノミクス4つの大きな違い

一見同じでもスガノミクスの方がまだマシかも

第6に、規制緩和はある程度進むだろう。なぜなら、規制緩和こそが、最大の利益誘導政策だからだ。規制緩和というのは理論的にも現実的にも100%間違っている。

正しい政策は、規制撤廃だ。あるいは、古い経済や産業構造のために作られた規制を、新しい現実にアップデイトする規制のデザイン変更である。規制というのは、社会と産業のバランスをとるためにも、産業を育成するためにも必要な場合がある。だから、規制は撤廃するか新しくデザインしなおすべきで、緩和は、いかなる場合にも正しくない。

日本で「規制緩和という遅れた政治手法」が好まれるワケ

ではなぜ、日本では政治の世界で規制緩和が好まれるのか。それは昭和の業界政策だからである。規制に守られて、社会から攻撃を受けている業界に対しては、ゆっくりとしたスピードで規制緩和を進めることであり、感謝される。スピードを制限していると政治の側が主張できるからだ。

一方で、参入したい側からも必要とされる。緩和をすすめてくれているのだから、そのスピードを少しでも早くしてもらいたいから、政治に対するお願いは永久に続く。したがって、ゆっくり規制緩和を行うことは、政治にとって、もっとも無難で、かつ力を維持できる政策なのだ。

第7に、東京と地方ということで言えば、やはり東京優先だ。金融、資本優先の政策がなされるため、地方にとって望ましい政策はとられないわけではないが、優先順位が落ちることになるだろう。

第8に、消費者の利害は、企業の利益よりも優先されることはないだろう。たとえば、go to travelキャンペーンは消費者の需要喚起というよりも、観光関連事業者へのサプライサイド(供給側)的な利益配分政策であり、企業の立場に立った政策が中心となろう。

「携帯電話の料金引き下げ政策」は、スガノミクスの象徴として取り上げられるであろうが、それはむしろ今後は例外となり、基本的には企業主導のGDP拡大政策となるだろう。前述した第4のポイント、消費税増税指向の議論においても、消費者よりも大企業優先であることは明確だった。

まとめると、ポピュリズム、八方美人であったアベノミクスからは雰囲気一変し、企業側に立った古いスタイルの産業政策が中心となろう。それはある種のサプライサイド政策であるが、古いスタイルで現代には合わない可能性がある。

しかし、ポピュリズム脱却は、今の日本経済にとってはもっとも必要なことで、財政破綻が最も重要なリスクである。それゆえ、そのリスクが高まらないという意味では、望ましい面もスガノミクスには期待され、相対的に言えば21世紀に入って、ポピュリズムが蔓延してきた(小泉政権も例外ではなくむしろ典型だった)歴代の政権に比べれば、悪くない経済政策とも言える可能性がある(本編はここで終了です。次ページは競馬好きの筆者が週末のレースや競馬論を語るコーナーです)。

次ページここからは競馬コーナー。セントウルSの勝ち馬は?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT