マジックの仕掛けから考えるスマホ断ちの方法

つい無意識にSNSを開いてしまうのはなぜか

気づかぬうちに生活がスマホに支配されている人も増えてきています(写真:mits / PIXTA)
本当は仕事に集中したいのに、気がつくと他のことで頭がいっぱい。スマホをついつい手に取ってしまう。そんなことはないでしょうか。実はこうした行動はマジックの仕掛けとも深い関わりがあります。集中して仕事に取り組むためのコツを、精神科医でマジシャンの志村祥瑚氏が『人生のタネ明かし 成果を出す人に共通する心の秘密』を基に解説します。

毎朝スマホのアラームで目覚め、SNSやネットニュースをチェック。夜は枕元に置いたスマホの通知が気になって眠れない。ついつい寝転がりしながら特に見たいわけでもないTwitter、Instagram、YouTube……と次から次へとアプリに注意が移り、気づいたら深夜に。朝目覚めても熟睡感がなかったり、寝起きが悪かったり。もし思い当たる点があれば、あなたの人生はスマホに乗っ取られています。

私の職業は精神科医とマジシャンです。医学とマジック、まったく異なる職業に思えますが、実は1つの共通点があります。それは「ミスディレクション」を扱う職業ということ。

マジックの仕掛けの図(図:本書引用)

ミスディレクションとは「注意力の操作」。マジックで使われるテクニックで、例えばマジシャンが「見て!象だ!」と言って指を差すと、観客は指先の方向に注意をそらされます。その隙にマジシャンはトリックを隠し、観客を騙すのです。

実はこの注意をそらすミスディレクションは、マジックだけでなく私たちの日常生活でも常に起こっています。そのひとつが、気づいたらずっといじってしまうスマートフォン。

精神科医の私から言わせると、スマホは強力なミスディレクション発生装置。前述したように、長々とスマホをいじっていてやめられない人はすでに人生をミスディレクションに邪魔されています。しかもミスディレクションされていることに、あなたはまだ、気づいていません!

仕事をしたいのに、テレビを見てしまう

在宅勤務中、仕事をしようと思っているのに、気がついたら好きなテレビ番組を見ていたり、スマホをいじっていたりした経験はありませんか。 また、気になる人からの連絡を待って既読にならないLINEを何度も開き、相手のFacebookやInstagramを夜通しチェック、答えが出ないことに何時間もダラダラと時間を浪費していませんか。

スマホの通知が目に入った瞬間、無意識のマジシャンがあなたのそばにやってきてミスディレクションを仕掛け、気づかぬうちにあなたの注意を間違った方向に誘導していきます。

だったら気づいて注意を戻せばいいじゃないか、と思う人もいるでしょう。しかし、 人間はミスディレクションされる生き物。意志の力は1割もなくて、私たちは外界からの刺激、「トリガー」に支配されているのです。

次ページ通知が鳴って気になってしまう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT