子どもがアホなのは、共働きだからですか?

見て見ぬふりをしたいけど、到底できない教育問題

それに、さまざまな困難を乗り越えて働いてきたからこそ、広い視野でこどもの悩みにアドバイスすることもできるかもしれない。こどもたちにとっては誇らしい、かっこいいママなんですから、こどもが「自分で選択する」シーンで、きっと一役買えるはず。でんと見守っていくしかないんじゃないでしょうか。

私が小学生のときに読んだ伝記で、たしか野口英世だったと思うのですが、そこに彼が14歳までおねしょをしていた、と書いてあった記憶があります。そして小学生になっても時にやらかしていた私は、「野口英世の14歳まではまだまだ年月がある」と自分に言い聞かせていました。

スポーツでも音楽でも、成功している子が「3歳からやっていた」という話とともに、「10歳まで触ったこともなかった」なんてエピソードも時々、聞きます。ちょっとほっとしますよね。「もう間に合わない」のではなくて、いつだって「まだ間に合う」だし、本気でかなえたいことがあれば、「これからでも十分追いつき追い越せる」と考えたい。

こどもの「選択」を見守ろう

母であると、おむつが外れるのが遅い、言葉が少ない、自転車に乗れない、などなど、人と比べて遅いことが無性に心配になることがあります。でも、時間のずれはあっても、自然とできるようになることもいっぱいある。後から考えると、「あんなに心配してバカだったわ」と笑い話になったり、すっかり忘れてしまっていることすらあります。

「あの子は英語がしゃべれる」からって、うちの子が英語が話せないまま大人になるとは限らない。また野生児信仰に戻るようだけれど、「本人がやりたくなれば、きっとできるようになる」と考えて、小さな遅れに不安を感じすぎないようにしたいものですね。

あなたのお子さんも、ほかの子より早くいろいろなことができた。でもほかの子が追いついてきた、というのにすぎないのかもしれません。そして、またポンと「うちの子、天才かしら?」と思うような「デキる」シーンを見せてくれると思います。そうやってだんだんとできることが増えていきながら、「これ、好き!」と目をキラキラさせたり、「できなくて悔しい」と涙したり、その子ならではのこだわり分野が出てくるのでしょう。

仕事も育児も頑張っているあなたのこどもですよ!きっと「ちゃんと自分で選択する」こどもに育っていくはずです。ママがそう信じて自分を見ている、ということが実はいちばん、こどもの教育に大切なことなのかもしれません。

そうだとすれば、ママが働いているかどうかは全く関係ないこと。強くて素敵な大人になるよう、全力で応援していきましょうよ。後ろめたさなんて感じたら、こどもに失礼ですもんね。

※読者の皆様からのお悩み、ご相談を募集します。こちらのアドレス(onna-sodan@toyokeizai.co.jp)まで、年齢、ご職業等を記載のうえお寄せください。掲載は匿名といたします。

  

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT