ストーリーで語るべき、これだけの理由

美女を口説き、人はコンピュータに勝る!

 私にとって仕事でいちばん難しい問題とは、考えをきちんと説明してコミュニケーションすることです。好きな女性を口説いたときは、世界最高峰のマーケターに変身できたのに、仕事だとなかなかうまくいきません。説明しても理解してもらえず、理解しても行動してくれないときがあります。でも最近、思うのです。人に理解してもらい、行動してもらうには、要点に絞った説明よりストーリーで語ることだって。

ストーリーの威力 : A/Bテストで300%向上

テーマは検索エンジン。検索エンジンと言えばグーグルですが、あえてBingを説明しなければならないとしたら、あなたはどう説明しますか?

Bingを要点に絞って説明した場合
Bing(ビング)とは、マイクロソフト製の検索エンジンのことで、同社が意思決定エンジンと主張しているものです(参考:ウィキペディア)。
Bingをストーリーで説明した場合
何か調べたいときは、グーグルさんのググる以外に、マイクロソフトさんのBing(ビング) "Because It's Not Google/これはグーグルではありません" とうわさされる検索エンジンの選択肢もあります(参考)。

 

どちらの説明に興味を持ちましたか?

次ページ興味を持った人300%増し
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。