「やる気が出ない自分」を楽に動かす科学的方法

パフォーマンスを保てる人、保てない人の差

例えば「仕事で英語を使えるようにする!」という目標をもった生徒さんの多くは、英語を使えるようになれば「新たな仕事を任せられるかもしれない」「海外にある支社に転勤させてもらえるかもしれない」「海外のスタッフとプロジェクトを組めるかもしれない」などと新たな可能性に胸を膨らませます。実際に英語を習得すれば、本人が想像している以上のことが起きる場合も多いので、そんな生徒さんの姿を見るのは大好きです。

ですが、「夢を見る」だけでは夢は実現しないのも事実です。最初のうちは目を輝かせていた生徒さんから、途中で「仕事が忙しくて勉強する時間が取れません」という連絡が入る場合があります。

聞けば、当初は仕事が終わった後の夜を勉強時間に充てようと計画していたのですが、連日残業が入ってしまい、家に帰ると結局寝るだけになってしまい勉強時間が取れないというのです。

ウキウキしながら「今日やらなくていい仕事」を選ぶ

目標達成までの道のりには必ずこのような障壁があるはずです。そこで、どうするか。どのような障壁があるかを予想し、その対策を練ることが目標を達成しやすくなるとエッティンゲン博士は言っています。

「仕事が忙しくて勉強時間が取れない」と半泣きだった生徒さんには、朝の時間の活用を勧めました。

そもそもこの生徒さんの仕事は決まった時間に終わるような類いのものではなく、突発的な事案も頻発するもの。にもかかわらず夜に勉強時間を設定したのは、自ら「壁」を作るようなものだったのです。でも朝なら案外簡単に、誰でも自分の時間を確保できます。

この生徒さんも夜に勉強するのをやめ、朝型に切り替えたらあっさりと勉強時間をもてるようになりました。

さて、あまり気が乗らない、できれば後回しにしたい仕事を抱えているときには、この「メンタル・コントラスティング」の心理を応用して、まずはその仕事をやり終えるための具体的な対策を練りましょう。

その仕事はどうして気が乗らないのか、どうして後回しにしたいのかの原因を考え、対処法を練ります。

『ヤバいモチベーション』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

例えばその原因が技術的に困難な場合は誰かに任せるという方法はとれないか、あるいは一部を手伝ってもらえないかなどと考えます。「この仕事はやって何になるのか」などと思ってしまうなど気持ちにその原因がある場合は、「これもいずれは意味のある経験になる」「これを自分がやることできっと誰かが喜ぶはず」などと、自分の気持ちがアップする考え方を探すなどします。

やるべきことや考え方が具体的に見えてくると、やろうというエネルギーが次々と湧いてきます。

「対策が練られたらやる気も湧く!」

そんなゴールが待っていることを期待して、ぜひウキウキした気分で対策を練ってみてください!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT